ブルーレイディスク

ラストムービー≪最終盤≫

死に場所を、探せ。
『イージー★ライダー』に続く監督第2作・・・ハリウッドに葬られたデニス・ホッパー<最後の映画>。
革新的な内容、過激な芸術ゆえに失われた傑作が、約半世紀を経て国内初ディスク化。

2020/06/17発売

KIXF-683〜4

¥8,800 + 税

KING e-SHOP詳細画面へ

商品詳細

1971年 アメリカ 
収録時間:本編約108分+映像特典
仕様:カラー 1080p Hi-Def  BD50G×2枚 
音声:@本編英語 リニアPCM(2.0ch)
   A本編英語 Dolby True HD アドバンスド96Kアップサンプリング(2.0ch)
字幕:本編用日本語
封入物:作品の詳細解説書(全88頁)

DISC@
本編108分、画面サイズ1.85:1
オリジナル英語(リニアPCM/2.0ch、Dolby True HD アドバンスド96Kアップサンプリング/2.0ch)
本編用日本語字幕

DISCA
★オリジナル予告編
★日本版予告編
★Product Reel
★Restoration Trailer
★Scene Missing
★Postcards From Peru


*仕様等、内容、商品写真は予定のため変更になる場合がございます。

INTRODUCTION
『イージー★ライダー』の大成功後、ハリウッドからの追放をもたらした“呪われた映画”
『ラストムービー』は、『イージー★ライダー』(69)の大成功を受けてつくられたデニス・ホッパーの監督二作目にして、長らくホッパーの作家生命を奪うことになった呪われた映画でもある。これまでにない革新的な内容とスタイルで人々を驚かせただけでなく、インディペンデント映画史上空前の興行収入を叩き出し、アメリカ映画業界を根底から揺るがした『イージー★ライダー』によって一躍時代の寵児となったハリウッドの問題児ホッパーは、ユニバーサル製作のもと、長年あたためていた企画『ラストムービー』の撮影にとりかかる。主人公は、ペルーの村へ映画を撮影しに来たスタントマンの男。ドラッグに溺れ、放蕩にふけるうち、男は映画作りを模した村での奇妙な儀式に巻き込まれ、やがて虚構と現実の境目を飛び越えためくるめく世界へと突入する。完成した映画は 1971年ヴェネチア国際映画祭で好評を博すが、観客を戸惑わせる難解な内容と前衛的な構成に困惑したユニバーサルのトップにしてハリウッド最大の権力者ルー・ワッサーマンは再編集を指示。それをホッパーが断固拒絶したことで、映画は短期間での公開後ほぼお蔵入りの状態となる。この騒動でハリウッドに嫌気がさした ホッパーはますます酒とドラッグに溺れ、映画監督としてはその後約10 年間の空白期間を迎えることになる。

映画とは、芸術とは何かを問いかける、過激な芸術映画にして失われた傑作
ホッパーは主人公カンザス役を自ら演じ、次第に正気を失い狂気に陥る男の様子を見事に画面に刻みつけた。共演は、ベテラン女優ジュリー・アダムス、新人ステラ・ガルシアらの他、映画監督のサミュエル・フラーや盟友ピーター・フォンダ、本作の音楽も手がけたクリス・クリストファーソン、また現地のペルー人たちも大勢出演している。撮影監督は『イージー★ライダー』に引き続きラズロ・コヴァックス。このたび使われるマスターは、2007 年にホッパー本人とコヴァックスによって監修された35mmプリントの色をガイドにオリジナルネガから4K修復された最新デジタル・リマスター版。映画作りをめぐる物語を幻想的に描き出した本作は、俳優、映画作家、写真家として活躍するハリウッドの異端者デニス・ホッパーだからこそ作れた過激な芸術映画といえる。複雑なプロットや大胆な編集方法で当時のハリウッドを驚愕させたこの失われた傑作は、長い時を経て、映画とは何か、芸術とは何か、という
根源的な問いを私たちに投げかける。

STORY
ペルーのクスコにある小さな村で、ハリウッドからやってきた監督(サミュエル・フラー)一行は、ビリー・ザ・キッドの生涯をもとにした西部劇を撮影している。初めて映画の撮影現場を見る村人たちは、暴力に溢れた撮影風景を恐怖と好奇に満ちた目で眺めている。スタントマンのカンザス(デニス・ホッパー)も撮影に参加するが、ハリウッドのスノッブさを嫌う彼は、撮影隊の乱痴気騒ぎをうんざりとした顔で見つめている。撮影隊が帰った後も村に残ったカンザスは、現地で知り合ったペルー人女性マリア(ステラ・ガルシア)と暮らし始め、自然のなかで彼女と過ごす幸福に酔いしれる。だが金塊探しに妄執する友人ネヴィル(ドン・ゴードン)を介して知り合った裕福なアメリカ人、アンダーソン夫人(ジュリー・アダムス)らと戯れるうち、カンザスは徐々に酒とドラッグの世界へはまり込んでいく。一方、アメリカ人たちの撮影に感化された村人たちは、自分たちの手で“本物の映画”を作ろう と村に集結していた。彼らは木製のカメラやマイクを手に撮影風景を模倣するが、演技という虚構を理解しないこの撮影隊の前では、すべての行為は現実に行われなければいけない。たとえ暴力や死でさえも。やがて幻覚に酩酊していたカンザスは、“本物の映画”で処刑される白人役として担ぎ出され、奇妙で不条理な世界に入り込んでいく――。

STAFF
●監督:デニス・ホッパー●製作:ポール・ルイス●撮影:ラズロ・コヴァックス●脚本:スチュワート・スターン

CAST
デニス・ホッパー、ステラ・ガルシア、ドン・ゴードン、ジュリー・アダムス、トーマス・ミリアン、ピーター・フォンダ、サミュエル・フラー、クリス・クリストファーソン、ミシェル・フィリップス