• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

パニック・イン・スタジアム

スタジアムを埋め尽くした10万人の大観衆を狙う姿なき銃口!作戦開始は試合終了2分前!
謎の狙撃者と特殊火器戦術部隊SWATとの息詰まる対決を描いたサスペンス・パニック超大作!!

発売日

2019/12/11

品番

KIXF-647

販売価格

¥4,800 + 税

1976年 アメリカ
収録時間:本編約115分+映像特典 予告編
仕様:カラー 1080p Hi-Def 1層
音声:@オリジナル英語(DTS-HD Master Audio/2.0ch)
   A日本語吹替(DTS-HD Master Audio/2.0ch)
字幕:@本編日本語
   A吹替補助日本語

*仕様等、内容、商品写真は予定のため変更になる場合がございます。
INTRODUCTION
地元のプロ・フットボール・チームが王座をかけて、強敵ボルチモアのチームと対決するロサンゼルスのメモリアル・コロシアム。その巨大な観客席は大観衆で埋め尽くされ、熱狂した歓声と興奮に包まれていた。だが、試合の模様を上空から捕らえるため、テレビ局が用意した飛行船のカメラが、競技場の一角に高くそびえる聖火塔に潜むライフルを持った男を発見した! 警備を指揮するロス市警のホリー警部は、直ちにSWATの出動を要請するのだが……。
目的さえも明かされない正体不明の狙撃者、狙撃者の存在を知らず試合に熱中する観衆、観衆を守るため密かに狙撃者を追い詰めていく警察。10万の観衆を挟んだ狙撃者と警察の攻防戦をサスペンスフルに描いたパニック・アクション。警察の指揮を執るホリー警部にチャールトン・ヘストン、SWATのバトン隊長にジョン・カサヴェテス、スタジアムを管理するマッキーバーにマーティン・バルサムを始め、ライフル魔に狙われる観客にも豪華キャストが揃い、グランドホテル形式で展開する物語も見所のひとつである。国内初ブルーレイ化。
STAFF
●製作:エドワード・S・フェルドマン(「刑事ジョン・ブック/目撃者」)
●監督:ラリー・ピアース(「あの空に太陽が」)
●原作:ジョージ・ラ・フォンテイン
●脚色:エドワード・ヒューム(「ザ・デイ・アフター」)
●撮影:ジェラルド・ハーシュフェルド(「未知への飛行」)
●編集:ウォルター・ハンネマン、イヴ・ニューマン
●音楽:チャールズ・フォックス(「真夜中のパーティー」)
CAST
チャールトン・ヘストン、
ジョン・カサヴェテス、
マーティン・バルサム、
ボー・ブリッジス、マ
リリン・ハセット、
デヴィッド・ジャンセン、
ジャック・クラグマン、
ウォルター・ピジョン、
ジーナ・ローランズ