• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

ヘンリー

彼はフレディではない。ジェイソンでもない。彼は本物だ! 
映画史上最も恐ろしい映画の1本、ついに国内初ブルーレイ化! !

アーティスト名

ヘンリー /映画(ビデオ)

発売日

2019/06/12

品番

KIXF-614

販売価格

¥4,800 + 税

1986年 アメリカ ©1986 MALJACK PRODUCTIONS
収録時間:82分+特典映像
仕様:カラー 1080p Hi-Def(スタンダード)1層
音声:@オリジナル英語(DTS-HD Master Audio/5.1ch)
   A音声解説英語(DTS-HD Master Audio/2.0ch)
字幕:本編日本語・音声解説用日本語

映像特典:
★1998年ジョン・マクノートン監督インタビュー
★アウトテイク
★メイキング
★全英映像等級審査機構の検閲
★「ヘンリー」対米国映画協会
★「ヘンリー」作品分析
★ジョン・マクノートン監督対談
★ジョー・コールマンインタビュー
★30周年記念予告編
★予告編
★監督音声解説

*仕様等、内容、商品写真は予定のため変更になる場合がございます。
INTRODUCTION

●素晴らしい! ! -Siskel & Ebert
●これが本物の恐怖映画だ。-New York Post
●今年最高の映画だ。-Village Voice
●まさに理想的であり、エキサイティングであり、とんでもない。-Time Magazine
●今年の映画のベスト10本に入る。-Chicago Tribune
●「13日の金曜日」のジェイソンが観客を楽しませているいま、我々にはこのようなホンモノのオルタナティヴが必要なのかもしれない。-Seattle Times
●世間一般の恐怖映画と、ジョン・マクノートンによる本作との決定的な違いは、殺人鬼の意識の描写と、無意味な殺人の生態描写だ。-Philadelphia Inquirer
●素晴らしい出来の映画であり、えげつないまでに不快な映画だ。-Los Angeles Times
●我々が日常でより意識しなければならない現代の恐怖を、強烈にひきつける演出で描いた、誠実で不快な映画だ。-Orlando Sentinel
●マクノートンの演出は厳格な社会的リアリズムを冷徹な視点でとらえ、出演者への演出においてはカサヴェテス的な即興の新鮮さを持っている。-Chicago Tribune

70年代後半~80年代にかけて、全米で300人以上を殺害したと云われる連続殺人鬼、ヘンリー・リー・ルーカスの日常を淡々と凍るような冷たさで描いた犯罪スリラー。
流血や残虐シーンはほとんどないにもかかわらず、作品の放つ空気と徹底したドキュメンタリータッチの描写で史上最も恐ろしい映画のひとつとして衝撃を与えた作品。
本国アメリカではMPAAより不当にX指定を受けた結果、映画製作者とMPAAが対立、多くの独立系映画製作者たちを巻き込んで表現の自由を争う大騒動となった。

ジョン・マクノートン監督は本作でマーティン・スコセッシ監督に認められハリウッド進出。ロバート・デ・ニーロ主演『恋に落ちたら…』や『ワイルドシングス』を監督。
主演のマイケル・ルーカーは本作で映画デビュー、現在では『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズなどの大作映画や
大ヒットドラマシリーズ「ウォーキング・デッド」のメインキャストとして人気を博し、幾度か来日も果たしている。
アメリカの真の闇を淡々と綴った、映画という表現の新たな次元を提示したとんでもない作品である。
実在のヘンリー・リー・ルーカスはハンニバル・レクターのモデルの一人ともいわれている。

★映像・音声特典
・1998年ジョン・マクノートン監督インタビュー
・アウトテイク
・メイキング
・全英映像等級審査機構の検閲
・「ヘンリー」対 米国映画協会
・「ヘンリー」作品分析
・ジョン・マクノートン監督対談
・ジョー・コールマンインタビュー
・30周年記念予告編
・予告編
・監督音声解説

STAFF
監督・製作・脚本:ジョン・マクノートン
撮影:チャーリー・リーバーマン
CAST
マイケル・ルーカー
トム・トウルズ
トレイシー・アーノルド
キャム・ヘスキン