• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

アンチクライスト

あまりに衝撃的な内容と過激なセックス&ヴァイオレンス描写で、カンヌ映画祭をはじめ全世界を賞賛と嫌悪で真っ二つに叩き割り、賛否両論の物議を巻き起こした、巨匠ラース・フォン・トリアー監督の大問題作!

発売日

2019/09/04

品番

KIXF-4295

販売価格

¥2,500 + 税

2009年 制作国:デンマーク・ドイツ・フランス・スウェーデン・イタリア・ポーランド

収録時間:本編 104分 + 映像特典 71分  ※本編R-18指定
仕様:カラー 1080p Hi-Def (シネマスコープ) 片面2層
音声:@オリジナル英語 (ドルビーデジタル/5.1chサラウンド)
   A吹替用日本語 (ドルビー True HD/ステレオ)
字幕:@日本語

映像(音声)特典:
■予告編5種類(@オリジナルEDEN AオリジナルHYPNOSIS編 B日本ノーマル版 C日本エクストリーム版 D日本アヴァンギャルド版)
■スペシャル・インタビュー(ラース・フォン・トリアー監督/ウィレム・デフォー/シャルロット・ゲンズブール) 
■メイキング(特殊メイク&小道具/ヴィジュアルスタイル/動物) 
■カンヌ映画祭ドキュメンタリー(レッドカーペット/プレミア上映/記者会見など)	

*仕様等、内容、商品写真は予定のため変更になる場合がございます。
INTRODUCTION
…とにかく、この映画に関しては、私は何の言い訳も出来ない。―ラース・フォン・トリアー
必見の映画。引き裂かれるほど、オリジナル。―Time Out Chicago
これは最後まで観る価値のある映画ではない。感想は、ただそれだけ。―日本国内某新聞記者

あのビョークを主演に起用しカンヌ映画祭最高賞パルムドール大賞を受賞、ビョークにも主演女優賞をもたらし、加えてビョークとトム・ヨーク(レディオヘッド)のデュエットによる主題歌がアカデミー賞およびゴールデングローブ賞にノミネートされた大ヒット作『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000年)。■カンヌ映画祭審査員特別賞を受賞し、ヴィム・ヴェンダース監督やジム・ジャームッシュ監督の一連の作品で知られる名手ロビー・ミューラーの美しい撮影のもと、主演のエミリー・ワトソンがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた『奇跡の海』(1996年)。 ■そして二コール・キッドマン主演の『ドッグヴィル』(2003年)と、本作にも主演しているウィレム・デフォー出演の『マンダレイ』(2005年)で、愛と自己犠牲および人間の本性と欺瞞を、ラディカルな手法と唯一無二の作風で、一貫して描き続けてきた、デンマークの誇る鬼才:ラース・フォン・トリアー監督の新作が、子供を失くした夫婦の悲しみと苦悩を、美しく、かつ残酷に描いた、カテゴライズ不能な傑作『アンチクライスト』だ。■主演に個性派俳優ウィレム・デフォーと、セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンの娘で歌手としても活躍するシャルロット・ゲンズブールの二人を迎えた本作は、2009年カンヌ映画祭で正式上映され、映画史に残るオープニングの映像美や、上映会場で少なくとも4人が気絶・失神したというあまりに過激な暴力&性(性行為・性器)描写、初めて観た時には唖然とする以外にない結末などにより、会場がスタンディングオベーションとブーイングとで真っ二つに割れるなど、賛否両論の物議を巻き起こした。■またシャルロット・ゲンズブールは本作の壮絶な演技で、カンヌ映画祭主演女優賞を獲得した。■国によっては過激シーンをカットしたバージョンでしか公開できなかったり、政府の介入により公開中止となった国もあり、ここ日本での劇場公開とパッケージソフト発売も殆ど絶望視されていたのだが、奇跡の劇場公開とそのスマッシュヒットに続き、DVDとBlu-rayもリリースされた。【R-18指定】
STORY
激しいセックスに没頭している最中に、幼い一人息子を窓からの転落事故で失ってしまった夫婦。深い悲しみと自責の念に苛まれる二人は遠く森の中の山小屋にこもり、悲しみと絶望を癒そうと試みるのだが、そこに待ち受けていたのは、彼らが救いを求めたはずの“自然”による、異常な現象の数々だった…。■癒されるどころかさらに神経を病んでいき、精神が崩壊してゆく妻は、セックスによる傷はセックスでしか消せないとばかりに、病的なまでに夫にセックスを要求する。それは殆ど逆レイプに等しい営みだった。一方の夫は、妻の為に精一杯の努力をするのだが、その甲斐なく、事態は更に悪化していく…。■やがて極限の精神状態に達した妻は、夫の身体にある術を施し、やがて、自分の身体にもある行為を執り行う。果たしてのその行為、その真意とは?そして、現代のアダムとイブが、愛憎渦巻く葛藤の果てにたどりついた驚愕の結末とは・・・?
STAFF
監督・脚本■ラース・フォン・トリアー
  『ダンサー・イン・ザ・ダーク』 『奇跡の海』 『ドッグヴィル』 

製作■ミタ・ルイーズ・フォルデイガー
製作総指揮■ペーター・オルベク・イェンセン、
          ペーター・ガルデ、ベティーナ・ブロケンパー
撮影■アンソニー・ドッド・マントル
編集■アナス・レフン、アサ・モスベルグ
CAST
彼■ウィレム・デフォー
  『スパイダーマン』 『プラトーン』 『BODY/ボディ』 
彼女■シャルロット・ゲンズブール
 (★カンヌ映画祭主演女優賞受賞)
  『恋愛睡眠のすすめ』『21グラム』 『アイム・ノット・ゼア』

幼い息子ニック■ストルム・アヘシェ・サルストロ
喋るキツネ(★2009年カンヌ映画祭パルム・ドッグ賞ノミネート)
出産中の鹿、三人の乞食(鹿、カラス、狸)、顔面の無い女たち

◆「死ぬまでにこれは観ろ!2019」キャンペーン◆ “死ぬまでにこれは観ろ!2019”シリーズの170タイトル(KIXF-4291〜4383 / KIBF-4562〜4638)の中から3枚ご購入の方、 全員にシリーズの中からお好きなタイトル1枚をプレゼント! ! 詳しくは封入の応募要項をご覧下さい。 ■応募締切:2019年12月31日(火)当日消印有効