• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

竜馬暗殺<HDニューマスター版>

ATGライブラリー 廉価シリーズ
他の映画会社とは一線を画す芸術作品を製作・配給、日本映画史に多大な影響を与えた伝説的映画会社、
ATG(日本アート・シアター・ギルド)の作品の数々がお求めやすい価格で再登場。

黒木和雄監督×原田芳雄
まったく新しい坂本龍馬像を創造した記念碑的作品
敵味方入り乱れる暗殺の刃
坂本竜馬、最後の三日間

発売日

2019/02/13

品番

KIXF-4290

販売価格

¥2,500 + 税

1974年/日本映画/1974年8月3日公開

収録時間:本編約118分
仕様:モノクロ 16:9(スタンダードサイズ) 片面1層
音声:@オリジナル日本語(ドルビーデジタルMONO)

●予告編収録


◆古い作品のため修復困難なフィルム上の退色や傷、あるいは音声ノイズ等が発生する箇所がある場合がございます。
◆作品のオリジナルティーを尊重収録しているため、一部に不適切な表現がある場合がございます。




INTRODUCTION
幕末の志士・坂本龍馬(竜馬)が暗殺されるに至る最後の3日間に焦点をあて、龍馬の人間らしい魅力と周囲の人々の交流ともに、黒木和雄監督が、70年代当時の内紛とダブらせることで、新たな龍馬像を作り上げた、異色青春時代劇。 のちに『祭りの準備』(75)『原子力戦争』(78)でコンビを組むことになる黒木和雄と原田芳雄が初めてコンビを組んだ作品。その他、石橋蓮司、中川梨絵、松田優作、桃井かおりら個性派俳優陣が、強烈かつ濃密な演技を見せつける。キネマ旬報ベストテン第5位 

★キネマ旬報ベスト・テン日本映画部門 1974年度 第5位
STORY
薩長連合を成立させた坂本龍馬(竜馬)は、その革新的な思想のために、佐幕派と倒幕派の双方から命を狙われていた。身の安全をはかるため、龍馬は隠れ家に身を隠すが、そこにも刺客の手が迫っていた…
STAFF
■監督:黒木和雄
■製作:黒田征太郎、富田幹雄、葛井欣士郎、宮川孝至
■脚本:清水邦夫、田辺泰志
■撮影:田村正毅
■美術:山下宏
■編集:浅井弘
■音楽:松村禎三
■スチール:浅井慎平
■助監督:後藤幸一
CAST
原田芳雄、石橋蓮司、中川梨絵、松田優作、桃井かおり、粟津號、野呂圭介、田村亮、外波山文明、山谷初男、天坊準、田中春男、平泉征、石井愃一、伴勇太郎、秋元健、西村克巳、赤石武生、田中筆子、川村真樹