ブルーレイディスク

kocorono≪リマスター版≫

そして、音が走り続ける−。
bloodthirsty butchersドキュメンタリー映画、
リマスターを経て初ブルーレイ化(DVD再発売)

2022/05/25発売 予約受付中

KIXF-1197

¥5,280 (税抜価格 ¥4,800)

KING e-SHOP詳細画面へ

商品詳細

収録時間:本編116分+映像特典
仕様:カラー 1080p Hi-Def BD25G
音声:日本語(DTS-HD Master Audio/2.0ch)
字幕:本編英語
映像(音声)特典:
●予告編
●ライヴ映像
●日本列島縦断kocorono旅2010
●撮影時の新規追加映像 ほか

*仕様等、内容、商品写真は予定のため変更になる場合がございます。

INTRODUCTION
『kocorono』は、退路を断ち、ロックに身を捧げることを選択した個によって成り立つ特別な運命共同体=バンドの、存在し続けることの奇跡を描いた映画だ。監督は『77BOADRUM』(2008)『山口冨士夫/皆殺しのバラード』(2014)の川口潤。バンド内に起きている紛れもない不協和音に正面から向き合い、張り詰めた緊張感をカメラにおさめた。被写体であるバンドを美化するものでもなく、音楽のプロモーションのためのものでもなく、さらには熱狂的なファンに向けたものでもない『kocorono』は映画評論家から日本の音楽ドキュメンタリーの在り方の分岐点となった作品と評されるなど、その作品の独立性が支持された。映画のタイトルは、「2月」で始まり「12月」で終わる11か月の心象風景を綴ったブッチャーズの代表作、アルバム「kocorono」(1996年作品)から。
この度の再発売では、監督監修のもと色補正などを行うグレーディング作業を実施。上映されるフィルム作品に近い質感を得るためのリマスターが行われたまったく新しいマスターを使用。10年前のリリース時とはまったく異なる新たな素材となっている。


STORY
唐突にメンバー同士の激しい言葉の応酬により幕を開ける映画。1986年札幌で結成以来、日本屈指のロックバンドとして君臨し続けたbloodthirsty butchers(ブッチャーズ)は、だからこそ産まれる複雑な人間模様や長い活動期間特有の危うい不均衡に立っていた。吉村秀樹という圧倒的で絶対的な存在を中心に、常に揺れ動くメンバーの思い、あたかも倒れそうな独楽の様になりながらも回り続けるバンド。拾い集められたメンバーそれぞれの吐露は、一方で語られる彼らの偉大さや尊敬を自ら否定していく。


STAFF
●監督:川口潤●音楽:bloodthirsty butchers●撮影・監督補佐:大石規湖●撮影:梅田航●編集:鶴尾正彦●音響:横田智昭、kazuaki noguchi●製作総指揮:重村博文、宮路敬久●宣伝:椎名宗之●製作:長谷川英行、近藤順也、渡邊恭子●制作:アイランドフィルムズ


CAST
bloodthirsty butchers(吉村秀樹、射守矢雄、小松正宏、田渕ひさ子)、中込智子、谷口健、SEIKI、ヒダカトオル、上原子友康、蛯名啓太、小磯卓也