• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

「蝶の眠り」オリジナルサウンドトラック

中山美穂、待望の5年ぶり主演作!
劇場用映画『蝶の眠り』オリジナルサウンドトラックCD発売!
音楽監督は新垣隆!

アーティスト名

新垣 隆 /中山 美穂

発売日

2018/04/25

品番

KICS-3697

販売価格

定価¥2,500 + 税

【収録内容】
「蝶の眠り」オリジナルサウンドトラック 
 音楽監督・作曲・編曲:新垣 隆


1.プロローグ
2.散歩
3.子供のためのアルバム Op.68「1.メロディ」
4.静寂
5.木漏れ日
6.憂い
7.グラデーション
8.浪漫
9.眩惑
10.不安と焦燥
11.「お久しぶりです」
12.喪失
13.悲しい抱擁
14.夜の散歩
15.すれ違い
16.水に葬る
17.別離
18.そして遠くへ
19.偶然の図書館
20.再会
21.エプローグ
22.朝焼けの中で


1、2、4〜21 作曲:新垣 隆
3 作曲:ロベルト・シューマン
22 作詞・作曲:根津まなみ / 編曲:小堀 浩 / 唄:根津まなみ


INTRODUCTION
5月12日(土)角川シネマ新宿他全国ロードショーの中山美穂主演の劇場用映画『蝶の眠り』のオリジナルサウンドトラックCDです。
遺伝性アルツハイマー病を宣告され、自らの余命を知る女性小説家が、残る人たちに美しい記憶を残そうと静かに行動した究極の人生最終章を描いた物語で、実に5年ぶりにん中山美穂が主演を務めます。
この映画の音楽監督は、本作で初めて劇映画の音楽監督を務めた新垣隆。新垣隆の美しい楽曲を収録します。
またシンガーソングライター根津まなみの歌うエンディングテーマ曲「朝焼けの中」を収録。


【映画情報】
『蝶の眠り』
2018年5月12日(土)、角川シネマ新宿他 全国ロードショー

主演:中山美穂/キム・ジェウク/石橋杏奈/勝村政信/菅田俊/眞島秀和/澁谷麻美/永瀬正敏
監督・脚本・原案:チョン・ジェウン
音楽監督:新垣隆/ストーリー劇中小説:藤井清美
エンディング・テーマ曲:「朝焼けの中で」作詞・作曲・唄 根津まなみ

CAST
●新垣 隆(にいがきたかし)音楽監督
1970年、東京都出身。
4歳よりピアノを始める。1989年桐朋学園大学音楽学部作曲科に入学。同学科を卒業後、作曲家ピアニストとして多岐にわたり精力的に活動する。作曲家としては、昭和期における作曲家達の研究に従事し現代音楽を主体としつつ映画やCM音楽の作曲も手掛ける。
2014年2月、佐村河内守のゴーストライターを18年間務めていた事を告白。
「交響曲第一番HIROSHIMA」「ヴァイオリンのためのソナチネ嬰ハ短調」等の作曲家として、俄かに脚光を浴びる。最近ではテレビ・ラジオ番組に出演し、親しみやすいキャラクターとして今までと違う一面を見せ輝きを増している。

●根津まなみ(ねづまなみ)エンディング・テーマ曲「朝焼けの中で」作詞・作曲・唄
1987年 山梨県出身。
クラシック、ジャズ、山梨−東京を何度となく往復する中で培われた視野の広い音楽センスと霞掛かった様な独特の声による歌唱スタイルはあらゆる聴き手の琴線と望郷に直接的に訴えかける。これまで自身が主宰していたソロユニット“茜雲”を2017年より本名の“根津まなみ”として再スタート。