• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

BassDays

キングレコード 低音シリーズ

アーティスト名

今沢カゲロウ

発売日

2006/11/22

品番

KICJ-512

販売価格

定価¥2,667 + 税

【DISC1 CDアルバム】
1.エンサイクロペディア・オブ・ベース・アート
  • 着うたモバイル
2.チュニジアの夜
3.トリフォイル
  • 着うたモバイル
4.処女航海
5.IL
6.ドント・ユー・ウォーリー・アバウト・ア・シング
7.枯葉
8.グレイ ゾーン
9.V
10.トレフォイル トリート
11.ニンジャ カミング
  • 着うたモバイル
12.ネイマ
<推薦コメント>
ベース・パフォーマンスにもいろいろあるけど、今沢のベース・ソロは世界でもただ一つの”個性”(ベース1本で、ひとりオーケストラをやるユニークなアーティスト)と呼べるものだ。様々なリズムに乗ってのグルーヴとそのエモーション・パワーは、時にベースであることを忘れてしまうが、一番強烈なのは、ソロ楽器としてのベースの”鳴らし方”がまだ無限にあることを彼が教えてくれることだ。スペースを生かした間のとり方など、まるで幅広いミュージック・キャンバスの中で音をデザインしている様にも感じる。その構築力の背景には彼が親しんできたハード・ロックやプログレ・ロック、R&B、ジャズ・フュージョンなどのエッセンスがバランスよく散りばめられている。特に音楽通を自認する人たちにとっては、彼のライヴ・パフォーマンス(本作CDエクストラ参照)は、結末のわからない面白いミステリーを読んでる様なスリルがあり、最高に楽しめるはずだ。「今夜もどこの都市でベースを”鳴らしているんだろう”」というイメージが彼にはある。そして、僕は彼のエンタテイナーぶり(スピーチも最高)を思い出してニンマリしてしまうのだ。
音楽誌「ADLIB」編集長 松下佳男