CDアルバム

なぜアンサンブル・ベガがこんなに心に効くのか聴けば解る!というCD

うわさの、宮川彬良&アンサンブル・ベガ 遂にCDデビュー!

2007/11/21発売

KICC-672

¥2,667 + 税

KING e-SHOP詳細画面へ

商品詳細

こんなに温かくて、こんなに微笑に満ちていて、しかも第1級の手応えが鮮やかなCDが、これまでにあったか!  響 敏也(作家・音楽評論家) 

98年に宝塚ベガホールにて結成された、宮川彬良&アンサンブル・ベガ。編成は9人による室内楽。しかし、ただの室内楽ではございません。クラシックの名曲たちが、この9人に新しい息吹を吹き込まれたとたんに、これまで聴いたことがないご機嫌な音楽に生まれ変わります。これぞ、心に効く!クラシックオンガクだ!と言い切れる、極上CDの誕生です。 

なぜ!心に効くのか!?
〇ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、クラリネット、ファゴット、ホルンそしてピアノといったちょっと変わった楽器編成。ところが不思議!あるときはオーケストラ、あるときは室内楽、あるときはラテン・バンド、あるときはサロン・ミュージック・・・・と、サウンドが変幻自在。クラシックを中心に、古今東西の名曲をより楽しく、愉快にお聴かせします。
〇人気絶頂の作曲家、舞台音楽家の宮川彬良がすべての楽曲をアンサンブル・ベガ用にアレンジ。古今東西の名曲はもちろんのこと、宮川彬良オリジナル曲の「ブラックジャック」、「マツケンサンバU」も収録。他では聴けないベガ・バージョンをお楽しみいただけます。 

宮川彬良とアンサンブル・ベガとの出会い物語
阪神・淡路大震災で震度7の末端地域にあった兵庫県宝塚市。道路や建物の復興が優先され、芸術文化への予算が激減していた。そんな復興活動からしばらくたった1998年に生まれたのが「宮川彬良&アンサンブル・ベガ」。我が国の公立クラシック専用ホールの草分けである宝塚ベガ・ホールを本拠地として。仕掛け人は宝塚市在住の大フィル首席コントラバス奏者・新真二。当時、「大フィル・ポップスコンサート」の音楽監督に就任して間もない、(もちろんまだ「マツケンサンバU」はブレイクしておらず、「クインテット」も生まれていない)若き宮川彬良の才能と人柄に惹かれ、「演奏と作・編曲・そして脚本の3拍子が揃ったショー形式のコンサートを作りたい。室内楽で。関西のトッププレイヤーを集めるから」と、宮川彬良に依頼。「一回だけだよ」と渋々の承諾を得て、メンバー集めが始まった。
ショーの脚本・構成は、宮川を大フィルポップスへ招聘した響敏也(現在も大フィルポップス構成脚本を担当)。「室内楽(オクテット)でクラシックとポップスをやる。とにかく楽しいことを。」そんな呼びかけに、クラシックの道を一直線に歩いてきたプレイヤーたちも「ポップスなんて弾いたことないけど・・・、一回だけなら・・・。」と承諾。ようやく8名のメンバーが集まった。アンサンブル・ベガのために、宮川が最初にアレンジした作品は2曲。このCDの第一曲、彼らのテーマ曲である『すみれの花咲く部屋』と今回のCDには収められていないが、彼らの大切なレパートリー群であるビートルズの『ミッシェル』。その最初の演奏会のための初練習にて。『すみれ』を一通り演奏したあと、宮川もメンバーも、しばし絶句するしかなかったという。宮川は、自分のアレンジを、ここまで表現してくれる人たちがいたという驚きと感動で。メンバーは、そのアレンジから迸る才能のきらめきに。
そこから「宮川彬良&アンサンブル・ベガ」の道のりはスタートした。 2003年のNHK教育TV『クインテット』放送開始、2004年の「マツケンサンバU」大ヒットで、一躍知名度が急上昇、テレビ各局からも熱い注目を浴びる宮川彬良が、「ベガでは、僕が前面に出て目立ちたくない」、「ベガは、僕の学校」と語る理由は、このあたりにありそうだ。

聴きどころ
◎定番クラシックが100倍好きになるアレンジと演奏
〜原曲・名盤より惹かれるも惹かれぬもお好み次第〜

◎宮川彬良が書いたソナタ『ブラックジャック』
アンサンブル・ベガのために宮川彬良が書き下ろした特別な作品。当初、ソナタ形式の1楽章が完成。しかし、作曲中から、どうしても1楽章だけでは表現しきれない「命」への深い想いが湧き上がり、1年後、2,3楽章が完成、初演。宮川のクラシカルな側面が強く感じられる。この曲がプログラムに入ると、メンバー一同、背筋が伸び気合が入る一曲。

◎マツケンサンバ 秘蔵ジャズヴァージョン収録!
作曲者自らのアレンジで2ヴァージョンの贅沢さ。オーケストラや吹奏楽でもお馴染みの「正調」はもちろん、特筆すべきは、サンバがスウィング・ジャズに変身した、通称「温泉ヴァージョン」。命名の由来はもちろん「温泉に入ったような気分で聴いて欲しい」から。アンコールでしか演奏されない「キメの1曲」。

収録内容

【DISC1 CDアルバム】
1.すみれの花咲く部屋
2.ユーモレスク
3.威風堂々 第1番
4.楽興の時 第3番
5.トルコ行進曲
6.ハンガリー舞曲 第5番
7.カヴァレリア・ルスティカーナ 間奏曲
8.組曲「ブラック・ジャック」 第1楽章 アレグロ・ノン・トロッポ
9.組曲「ブラック・ジャック」 第2楽章 アンダンテ・カンタービレ
10.組曲「ブラック・ジャック」 第3楽章 アレグロ・アパッショナート
11.マツケンサンバU(正調)
12.マツケンサンバU(温泉バージョン)
13.闘牛士の歌(歌劇「カルメン」より)
14.私のお父さん(歌劇「ジャンニ・スキッキ」より)
15.誰も寝てはならぬ(歌劇「トゥーランドット」より)