CDアルバム

耳旅 〜ドイツ・ドレスデンの魅力1 ドレスデン 音楽と歴史の旅

歴史、文学、音楽、美術、建築、の5つのテーマを各界の著名執筆者による書下ろしライナーノートを音楽と共に読みながら、ドレスデンの魅力をまるで旅をしているような気分に

2021/02/17発売

KICC-1561

定価:¥2,200 (税抜価格 ¥2,000)

KING e-SHOP詳細画面へ

商品詳細

華やかな音楽文化を築いてきたザクセン宮廷の都・ドレスデンには、多くの作曲家たちが憧れ、来訪しています。ザクセン選帝侯に音楽を捧げたJ.S.バッハ、演奏旅行で立ち寄ったこの街で、名作《戴冠式》協奏曲をみずから披露したモーツァルト、ドイツ・オペラ史に金字塔を打ち立てたウェーバーやワーグナー、この街で壮年期の秀作を数々生んだシューマン‥‥。
シリーズ第1巻では、ドレスデンの街の歴史をみわたすエッセイで、これから読みたい関連書もあれこれご紹介しつつ、歴史に思いを馳せるにふさわしい音楽を愉しんでいただけます。

【収録曲】 
バッハ:《クリスマス・オラトリオ》BWV248より
01.第1曲:合唱《歓呼せよ、歓喜せよ、いざ、この日を讃えよ》
02.第15曲:テノールのアリア《よろこべ羊飼い達よ、急げや、いざ急げ》
03.第24曲:合唱《天にありてしろしめす君よ》 
マルティン・フレーミッヒ(指揮)ドレスデン聖十字架合唱団、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、ペーター・シュライヤー(テノール)

04.モーツァルト:ピアノ協奏曲第26番ニ長調《戴冠式》K.537より 第3楽章
ペーター・レーゼル(ピアノ)ヘルムート・ブラニー(指揮)ドレスデン国立歌劇場室内管弦楽団 

05.モーツァルト:歌劇《魔笛》K.620 序曲
オトマール・スゥイトナー(指揮)ベルリン・シュターツカペレ(ベルリン国立歌劇場管弦楽団)

06.モーツァルト:歌劇《魔笛》K.620 より《僧侶の行進》
ヘルムート・ブラニー(指揮)ドレスデン国立歌劇場室内管弦楽団

07.ウェーバー:歌劇《魔弾の射手》より《狩人たちの合唱》
オトマール・スゥイトナー(指揮)ベルリン・シュターツカペレ(ベルリン国立歌劇場管弦楽団)、ベルリン国立歌劇場合唱団、エルネスト・ストイ(合唱指揮)

08.ワーグナー:歌劇《タンホイザー》より《巡礼の合唱》
オトマール・スゥイトナー(指揮)ベルリン・シュターツカペレ(ベルリン国立歌劇場管弦楽団)、ベルリン国立歌劇場合唱団、エルネスト・ストイ(合唱指揮)

09.シューマン:ホルンとピアノのための〈アダージョとアレグロ〉変イ長調 Op.70
ペーター・ダム(ホルン)アマデウス・ウェーバージンケ(ピアノ)

10.シューマン:モテット《深い苦しみにも絶望しないで》Op.93
ホルスト・ノイマン(指揮)ライプツィヒ放送合唱団、同交響楽団

11.マウエルスベルガー:《ドレスデン・レクイエム》より《主よ、深き淵よりわれ汝を呼ぶ》
ペーター・シュライヤー(ボーイ・アルト)ルドルフ・マウエルスベルガー(指揮)ドレスデン聖十字架合唱団