• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

ヒポクラテスたち<HDニューマスター版>

ATGライブラリー 廉価シリーズ
他の映画会社とは一線を画す芸術作品を製作・配給、日本映画史に多大な影響を与えた伝説的映画会社、
ATG(日本アート・シアター・ギルド)の作品の数々がお求めやすい価格で再登場。

今、彼等の青春が診察される。
モラトリアムに揺れる医学生たちの姿をみずみずしく描いた、傑作青春グラフィティ。
キネマ旬報ベスト・テン第3位。

アーティスト名

ATG /映画(ビデオ)

発売日

2019/02/13

品番

KIBF-4555

販売価格

¥1,900 + 税

1980年/日本映画

収録時間:本編約126分
仕様:カラー 1080p Hi-Def(スタンダードサイズ) 1層
音声:@オリジナル日本語 リニアPCM(MONO)

映像特典:オリジナル予告編


◆古い作品のため修復困難なフィルム上の退色や傷、あるいは音声ノイズ等発生する箇所がある場合がございます。
◆今作品のオリジナルティーを尊重し修復しているため、一部に不適切な表現がある場合がございます。


※仕様等、内容は予定のため変更になる場合がございます。
※商品写真は見本のため変更になる場合がございます。
INTRODUCTION
京都を舞台に、医大の最終学年の一年にスポットをあて、モラトリアムに揺れる医大生の青春像をみずみずしく描いた青春グラフィティ。
大森一樹監督自身が、京都府立医科大学を卒業、医師国家試験に合格という、映画監督としては異色の経歴をもち、自らの体験を基に、医師になる前の若者たちの苦悩や挫折を映し出した、日本版『アメリカン・グラフィティ』ともいえる青春映画の傑作。古尾谷雅人を主演に、今やベテラン俳優となっている柄本明、内藤剛志、斉藤洋介、伊藤蘭ら、錚々たる面々の若かりし日の演技、手塚治虫や鈴木清順監督らのカメオ出演も見どころの一つ。本作で、キネマ旬報ベスト・テン第3位を獲得、その後はコンスタントに商業映画を撮るに至る、大森監督にとって、正に出世作にして代表作となった作品です。
STORY
大学病院での臨床実験(ポリ・クリ)を通して医術を身につけていく医学生たちの青春群像ドラマ。
とある医大の卒業を控えた、学生寮に住む主人公・荻野愛作を中心に、彼と同級の医学生たちをヨコ糸、学生紛争の生き残り組もいる寮生たちをタテ糸にそれぞれからませながら、臨床実験での珍奇な失敗談などを自ら京都府立医大生だった大森監督自身の体験を基に、医者とは?医学とは?と自問し苦悩する若者たちを描く。
自らも医大生であった大森一樹監督が、医大の最終学年の1年間にスポットを当てて、モラトリアムに揺れる青春像をみずみずしく描いた青春グラフティの傑作。
STAFF
●製作:佐々木史朗
●監督・脚本:大森一樹
●撮影:堀田泰寛
●音楽:千野秀一
●美術:大谷和正
●録音:尾杉龍平
●編集:川島雄子
●照明:佐藤譲
CAST
●古尾谷雅人
●伊藤蘭
●柄本明
●小倉一郎
●光田昌弘
●渡辺文雄
●狩場勉
●真喜志きさ子
●内藤剛志 ほか