• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

書を捨てよ町へ出よう<HDニューマスター版>

ATGライブラリー 廉価シリーズ
他の映画会社とは一線を画す芸術作品を製作・配給、日本映画史に多大な影響を与えた伝説的映画会社、
ATG(日本アート・シアター・ギルド)の作品の数々がお求めやすい価格で再登場。

鬱屈した青春を、
実験精神溢れる構成で描く寺山ワールド。
キネマ旬報ベストテン第9位。

発売日

2019/02/13

品番

KIBF-4544

販売価格

¥1,900 + 税

1971年/日本映画

■収録時間:本編約138分+映像特典
■仕様:カラー 4:3 スタンダードサイズ 片面2層
■音声:オリジナル日本語(ドルビーデジタルMONO)
					
□映像特典:
・オリジナル予告編
・オリジナルネガからのHDテレシネマスター使用(テレシネ監修:鋤田正義)



◆古い作品のため修復困難なフィルム上の退色や傷、あるいは音声ノイズ等が発生する箇所がある場合がございます。
◆作品のオリジナルティーを尊重収録しているため、一部に不適切な表現がある場合がございます。


※仕様等、内容は予定のため変更になる場合がございます。
※商品写真は見本のため変更になる場合がございます。
STORY
主人公である"私"が東北弁で語りかける。映画を観る者を挑発的するファーストシーン。そして空にあこがれて失墜した少年の死亡記事。"私"の声が虚しく響き渡る。万引き常習犯の祖母、戦争犯罪人の父、ウサギにしか心を開かない妹。行き場のない鬱屈した情熱を持て余し、"私"は奇妙な人々と出会い、幻想と回想の入り混じった街を放浪する。典型的にダメな家庭に育ち、いつも家出を考えている“私”と、恵まれた環境に身を置く“彼”を軸に、当時の若者の心情をとらえた<家出の思想家>寺山修司初の35mm長編作。
STAFF
●制作・監督・原作・脚本:寺山修司
●製作:九條映子
●撮影:鋤田正義
●撮影補佐:仙元誠三
●美術:高松次郎、林静一、榎本了壱
●編集:浦岡敬一
●作曲:クニ河内、加藤ヒロシ、田中未知、荒木一郎
●音楽:下田逸郎、J・A・シーザー、柳田博義
CAST
●佐々木英明
●斎藤正治
●小林由起子
●平泉征
●森めぐみ
●丸山明宏
●新高恵子
●浅川マキ
●鈴木いづみ
●川村郁
●J・A・シーザー
●クニ河内
●チト河内
●川筋哲郎
●蘭妖子