DVD

少年と犬

もう時間がない。ついに来年、この世は終わり、犬が喋りだす。西暦2024年は、気づけば来年だった・・・。かなり高い確率であなたが目にする未来。今年緊急の予言的日本初の劇場公開を果たしたSF黙示録ブラック・コメディが、ついに初ブルーレイ化!

2023/12/13発売 予約受付中

KIBF-2465

¥4,180 (税抜価格 ¥3,800)

KING e-SHOP詳細画面へ

商品詳細

原題:A BOY AND HIS DOG
製作年度:1975年
製作国:アメリカ
公開日:2023.5.19
収録時間:本編約90分+映像特典
仕様:カラー 16:9LBスコープ 片面2層
音声:@本編英語 ドルビーデジタル(2ch)
   A音声解説英語 ドルビーデジタル(2ch)
字幕:@本編用日本語
   A音声解説用日本語
BD・DVD共通 EXTRAS:●日本版予告編 ●オリジナル予告編 ●In Conversation(監督L・Q・ジョーンズ&原作ハーラン・エリスン) 
●L・Q・ジョーンズ監督音声解説

※商品仕様など変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

A BOY AND HIS DOG © 1975, 1982, 1990 III LQJ, Inc. All Rights Reserved.

INTRODUCTION
西暦2024年、第4次世界対戦での核ミサイルの応酬により、地球上は荒廃。遺伝子変異により女性は生まれなくなっていた。生き残った者たちは地上と地下シェルターに二分され、地上は食欲と性欲を満たそうとする輩が奪い合いを繰り返し、荒れ放題。テレパシーで会話することが出来る犬ブラッドはいつも腹を空かし、少年ヴィックは女性を求め、さまよっていた。ある日、地下から来た少女クイラを見つけたヴィックはブラッドの忠告も聞かず、彼女を追って地下世界へ。そこは理想郷(ユートピア)なのか、はたまた……。
1976年サターン賞最優秀男優賞とヒューゴー賞最優秀映像部門賞受賞。西暦2024年の荒廃した地球を舞台に、少年とテレパシー犬のさまよえる旅が描かれる異色のSF黙示録ブラック・コメディ。原作は、2018年6月に84歳で死去したアメリカのSF作家、鬼才ハーラン・エリスンが1969年にネビュラ賞・中長編小説部門を受賞した同名小説。1000を超える小説を執筆し、TVシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」(64-68)や「アウター・リミッツ」(63-64)のほか「宇宙大作戦(スタートレック)」などTVの脚本家としても活躍した彼の作品の中でも、斬新な設定が人気を博した一作である。監督は、バイオレンス映画の巨匠サム・ペキンパー監督作品の常連俳優として知られるL・Q・ジョーンズ。世界観や設定、登場キャラクターなどが、『マッドマックス』シリーズ(79-)に影響を与えたとも言われており、ゲーム「Fallout4」の元ネタのひとつにもなっているなど、現在まで特異な存在感を放ちながらも、日本では長年劇場未公開となっていた。少年ヴィックを演じるのは、当時25歳のドン・ジョンソン。後に主演を務めたTVドラマ「特捜刑事マイアミ・バイス」(84-89)で渋さと色気を振りまき一躍スターダムに。彼の若く初々しい姿が観られる点にも注目だ。テレパシー犬ブラッドの深みある声を担当しているティム・マッキンタイアは声の出演以外に音楽も担当。エンディングでは歌唱も披露している。この世が終わる2024年を目前に控えた2023年、ついに日本初の劇場公開が実現。
STAFF
監督・脚本:L・Q・ジョーンズ
原作:ハーラン・エリスン
製作:アルヴィ・ムーア
撮影:ジョン・アーサー・モリル
編集:スコット・コンラッド
音楽:ティム・マッキンタイア、ハイメ・メンドーサ=ナヴァ
CAST
ヴィック・・・・・・・・・・・ドン・ジョンソン
クイラ・・・・・・・・・・・・スザンヌ・ベントン
ルー・・・・・・・・・・・・・・ジェイソン・ロバーズ
ブラッド・・・・・・・・・・・タイガー/ティム・マッキンタイア