DVD

ビフォア・ザ・レイン

―何故ヒトは殺し合うのか
轟く銃声、飛び交う銃弾 
降りしきる血の雨は、神の流した涙の雨か
ヴェネチア10冠&アカデミー賞ノミネート作

2021/10/13発売

KIBF-2000

¥4,180 (税抜価格 ¥3,800)

KING e-SHOP詳細画面へ

商品詳細

製作年1994年 イギリス・フランス・マケドニア合作

収録時間:本編約115分
仕様:カラー 16:9LBビスタ 片面2層
音声:英語/マケドニア語/アルバニア語(ドルビーデジタル2.0ch)
字幕:日本語
BD・DVD共通映像特典(予定):●メイキング ●スタッフ・キャストインタビュー

*仕様等、内容、商品写真は予定のため変更になる場合がございます。

INTRODUCTION
1994年ヴェネチア映画祭のフィナーレ、観衆の拍手は一人の若き映画作家のためにあった。金獅子賞(グランプリ)以下10部門を独占した『ビフォア・ザ・レイン』の監督ミルチョ・マンチェフスキー、衝撃のデビューの瞬間であった。
アレステッド・ディベロップメント「テネシー」のMVでMTV賞・ビルボード賞の各ラップ部門で最優秀ヴィデオ賞をダブル受賞し、MVやTV-CMの世界で活躍したマンチェフスキーならではの、卓越した映像センスと確かな演出力、さらに自らが書き下ろした脚本の斬新さに対し、「処女作にして既にマスターピース!」「ロマン・ポランスキーのデビューを彷彿とさせる!」など各国のメディアは過去最大級の賛辞を送り、星取りでは軒並み満点を与え、この新しい才能を誉め称えたのである。
そしてヴェネチアの熱狂は、各国の映画祭にも伝播し、サンパウロ、ストックホルム、プエルトリコの各映画祭でも主要部門で受賞、さらにはゴールデングローブ賞外国語映画賞、そしてアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされるという快挙を成し遂げた。

STORY
『ビフォア・ザ・レイン』は三部で構成されている。そしてそれらは、舞台をマケドニアからロンドンへ、さらにもう一度マケドニアへと巧みに移動し、登場人物を交錯させ、微妙に繋がりながら最後には映画全体がメビウスの輪の如くねじれた循環構造になっている。
■第一部「言葉」…マケドニアの美しい山岳地帯。まるで歴史に取り残されたかのように佇む修道院で、沈黙の修行を守る若い僧キリル(グレゴワール・コラン)と、マケドニア人戦闘部隊に追われこの修道院に逃げ込んだ敵対民族アルバニア人少女ザミラ(ラビナ・ミテフスカ)の恋。民俗の宗教も言葉も異なる二人の恋の行方は悲劇を予感させる。
■第二部「顔」…ロンドンの出版社で働く女性編集者アン(カトリン・カートリッジ)の気持ちは、マケドニア出身の世界的戦場キャメラマンで愛人のアレックス(レード・セルベッジア)と、愛してはいるが退屈な夫との間で揺れている。夫の子どもを妊娠しているアンだが、愛人からの一緒に故郷マケドニアに帰ろうとの誘いに悩んだ末、夫に離婚を切り出す。そこで突然凄惨な事件が起こる…
■第三部「写真」…マケドニア出身の世界的戦場キャメラマンのアレックス(レード・セルベッジア)は、ロンドンでの生活も地位も名誉も捨てて故郷の村へと帰るが、そこは民族紛争で荒れ果て、人々は皆銃で武装していた。ある日アレックスの従弟がアルバニア人に殺される。殺したのはアレックスの初恋のアルバニア人女性の娘ザミラ(ラビナ・ミテフスカ)だった。復讐の火蓋が切って落とされるなか、
アレックスの取った行動とは…



STAFF
●監督・脚本:ミルチョ・マンチェフスキー
●製作:ジュディ・コーニハン、セドミル・コラル、キャット・ヴィリアーズ他
●共同製作:フレデリック・デュマス=ザッデラ、マルク・バシェット他
●撮影:マニュエル・テラン
●編集:ニコラス・ガスター
●音楽:アナスタシア

CAST
レード・セルベッジア…アレックス
カトリン・カートリッジ…アン
グレゴワール・コラン…キリル
ラビナ・ミテフスカ…ザミラ