• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

殺人ブルドーザー

殺人的ないたちごっこに励む、6人の男たちとマシーン・・・“キルドーザー”!!
1976年、正月のゴールデンタイムに放送された、70年代B級映画ファンの心を鷲掴みにした珍品!!
夢の重機対決が、ここに実現した!

発売日

2020/02/12 予約受付中

品番

KIBF-1691

販売価格

¥3,800 + 税

1974年 アメリカ
収録時間:本編約74分
仕様:カラー 16:09:00 片面1層
音声:@オリジナル英語(ドルビーデジタル/2.0ch)			
      A日本語吹替(ドルビーデジタル/2.0ch)		
字幕@本編日本語
  A吹替補助日本語

*仕様等、内容、商品写真は予定のため変更になる場合がございます。

INTRODUCTION
6人の作業員たちが整地作業に勤しんでいた大西洋に浮かぶ孤島に、宇宙から飛来した隕石が落下。隕石に宿る未知の生命体は接触したブルドーザーにのりうつり、無人のブルドーザーは明確な殺意を持って作業員たちに攻撃を開始した。孤立無援のなか、次々と死んでいく作業員たち。残された2人は最後の手段として同じ重機で対抗することを決意、パワーショベル対殺人ブルドーザーの死闘へとなだれ込む。機動性の低い重機同士、史上最も遅く鈍いガチンコ対決アクションが炸裂する珍品テレビムービー。あまりに珍品過ぎて熱狂的なファン多数。本国アメリカでも初放映当時は酷評の嵐だったが、唯一無二な世界観は人気を集め、カルト作として世界的に知名度を誇る作品となった。2000年代にアメリカ・コロラド州で起きたブルドーザーによる街破壊事件は本作のタイトルから引用され“キルドーザー事件”と呼ばれ、また原題そのままのバンドKILLDOZERも存在した。日本ではテレビ放映のみ、VHSもLDも未発売につき今回が国内初パッケージ化。テレビ放送版日本語吹替音声を収録。TV放映時の別タイトルは『落下イン石の謎/キルドーザー・孤島の殺人機械』。
STAFF
●監督:ジェリー・ロンドン「地上最強の美女!バイオニック・ジェミー」
●原作:セオドア・スタージョン「スター・トレック」(TVシリーズ)
●脚本:セオドア・スタージョン、エド・マキロップ
●撮影:テリー・K・ミード「爆発・暴走!恐怖の地下鉄大脱出」「連続殺人警官」「戦闘機対戦車」
●音楽:ギル・メレ「アンドロメダ・・・」「事件記者コルチャック」「人造人間クエスター」
CAST
クリント・ウォーカー「特攻大作戦」「ホワイト・バッファロー」
ネヴィル・ブランド「第十一号監房の暴動」「マッドボンバー」「悪魔の沼」
カール・ベッツ「サンフランシスコ用心棒」「大強奪」
ジェームズ・ウェインライト「シノーラ」「大統領専用機遭難す」「バトルトラック」
ジェームズ・A・ワトソン・Jr「狂気のビルジャック/監禁エレベーター爆破7秒前」
ロバート・ユーリック「ダーティハリー2」「海底の大捜査線/SWAT緊急出動せよ!」