• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ DVD BOX<HDリマスター版>

ラグビーワールドカップ日本開催の歴史的記念イヤーに、あの伝説のドラマが帰ってくる!
青春ラグビードラマの金字塔「スクール・ウォーズ」DVD BOXがHDリマスター版でリリース決定!!

アーティスト名

スクール・ウォーズ

発売日

2019/09/04 予約受付中

品番

KIBF-1649〜56

販売価格

¥27,000 + 税

■収録時間:本編1242分+映像特典約42分
■仕様:カラー/16:9 LB 片面2層
■音声:@日本語(ドルビーデジタル2ch/モノラル)
■商品仕様:8枚組DVD(26作品+前半総集編収録)/トールケース
■映像特典:「山下真司×松村雄基×伊藤かずえスペシャル座談会」
※DVD単品vol.9に収録されていた映像特典[スペシャル座談会]をDISC8に再収録。
■封入特典(初回限定):特製ポストカードセット(3枚組)※絵柄は@DVD BOXキーアートAライジング・サンB悔しくないのか!!名場面 の3種類


◆主人公・滝沢賢治役 山下真司さんのコメント

「スクール・ウォーズ」は“友情”“信頼”“絆”がテーマです。
このドラマにはそんな“真の男”の生き様が 熱く熱く描かれています。
あの感動をもう一度体験してみて下さい。”信は力なり”
──山下真司(滝沢賢治役)
INTRODUCTION
■「スクール・ウォーズ」とは・・・
かつて全日本の名フランカーとして鳴らした山口良治氏が、京都伏見工業高校ラグビー部を率いて全国大会優勝を果たすまでを綴った『落ちこぼれ軍団の奇跡』(馬場信浩著)を題材にした、実話に基づいたドラマ。
大映テレビが制作し、1984年(昭和59年)10月6日〜1985年(昭和60年)4月6日、TBS系列にて毎週土曜日(21:00〜21:54)に放映。
ラグビー元全日本メンバーの滝沢賢治が、校内暴力で荒れる川浜高校に教師として着任し、「信は力なり」をモットーに、幾多の困難に立ち向かいながら学園を荒廃から救い、全く無名の弱体チームであった川浜高校ラグビー部を僅か数年で全国大会優勝に導くという偉業を成し遂げるまでの奇跡の物語。
校内暴力・学園荒廃が社会問題化していた時代を背景にこのドラマを見てラグビーを始めた若者も多く、当時ラグビー人口が急増したのは有名な話である。

ラグビーワールドカップ日本開催を迎えた2019年、史上空前のラグビーブームにわき立つ今、時代を超えて語り継がれる伝説のTVドラマ「スクール・ウォーズ」を『泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ DVD BOX』として発売いたします。
オリジナルフィルムからHDテレシネした美麗デジタルレストアマスターを使用。あの数々の名シーンと熱い感動が今に鮮明によみがえる!

◆各作品タイトル・初回放送日一覧◆
【Disc.1】
第1回「それは涙で始まった」(初回放送日1984年10月6日)/第2回「泥まみれのニュースーツ」(初回放送日1984年10月13日)/
第3回「謎の美少女」(初回放送日1984年10月20日)
【Disc.2】
第4回「開かれた戦端」(初回放送日1984年10月27日)/第5回「最後の闘魂」(初回放送日1984年11月3日)/
第6回「涙の卒業式」(初回放送日1984年11月10日)
【Disc.3】
第7回「嵐の新学期」(初回放送日1984年11月17日)/第8回「愛すればこそ」(初回放送日1984年11月24日)/
第9回「愛ってなんだ」(初回放送日1984年12月1日)
【Disc.4】
第10回「燃える太陽」(初回放送日1984年12月8日)/第11回「死と友情と」(初回放送日1984年12月15日)/
第12回「愛は死線を越えて」(初回放送日1984年12月22日)
【Disc.5】
第13回「力の限り生きた!」(初回放送日1984年12月29日)/第14回「一年目の奇跡」(初回放送日1985年1月12日)
第15回「不良教師」(初回放送日1985年1月19日)
【Disc.6】
第16回「学校とはなんだ」(初回放送日1985年1月26日)/第17回「最後のグラウンド」(初回放送日1985年2月2日)/
第18回「去りゆく君へ」(初回放送日1985年2月9日)/第19回「友よ安らかに眠れ」(初回放送日1985年2月16日)
【Disc.7】
第20回「我ら花園に立つ」(初回放送日1985年2月23日)/第21回「勇気なき者は去れ」(初回放送日1985年3月2日)/
第22回「勝ってから泣け」(初回放送日1985年3月9日)/第23回「下町のヒーロー」(初回放送日1985年3月16日)
【Disc.8】
第24回「花園へ飛べ千羽鶴」(初回放送日1985年3月23日)/第25回「微笑む女神」(初回放送日1985年3月30日)/
最終回「花園よ永遠なれ」(初回放送日1985年4月6日)/前半総集編「これが青春だ」(初回放送日1985年1月5日)
特典映像:「山下真司×松村雄基×伊藤かずえ スペシャル座談会」
司会進行は「スクール☆ウォーズ」マニアの松村邦洋!撮影裏話や意外なエピソードの数々。ファン必見!貴重な話題満載の特別映像!
STORY
この物語は、ある学園の荒廃に戦いを挑んだ熱血教師たちの記録である。
高校ラグビー界において全く無名の弱体チームが、荒廃の中から健全な精神を培い、わずか数年で全国優勝を成し遂げた奇跡を通じて、
その原動力となった信頼と愛を余すところなくドラマ化したものである。                                                                                 

■ドラマのみどころ
主人公の熱血教師・滝沢賢治(山下真司)をはじめ、滝沢を献身的に支える妻・節子(岡田奈々)、
川浜一のワルと恐れられていた大木大助(松村雄基)、志半ばで病魔に倒れるイソップこと奥寺浩(高野浩和)、
負け組から一念発起しラグビーに心血を注ぐ森田光男(宮田恭男)、光男との愛を貫く富田圭子(伊藤かずえ)、
中華料理店「新楽」の店主・下田大三郎(梅宮辰夫)とその妻・夕子(和田アキ子)、ラグビー部マネージャー山崎加代(岩崎良美)など、
誰もが皆異なる事情を抱えながらも懸命に生きているという登場人物の底知れぬ魅力。
そして、109対0という大敗後の控え室での歴史的名シーンをはじめ、語り継がれる数々の名言と名場面。
芥川隆行のナレーションと麻倉未稀が歌う「ヒーロー」によるオープニングのカタルシス。
登場人物の魅力と俳優陣の名演、脚本と演出、音楽、その全てが完璧なまでにミックスされた青春ドラマの金字塔
──それが「スクール・ウォーズ」なのである。
CAST
馬場信浩 著『落ちこぼれ軍団の奇跡』(光文社刊)より/製作:TBS・大映テレビ

ナレーター:芥川隆行/主題歌「ヒーロー」(歌:麻倉未稀)
メインキャスト:山下真司 岡田奈々 松村雄基/伊藤かずえ 岩崎良美/和田アキ子  坂上二郎  梅宮辰夫