• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

ヤングガン2

銃弾にかけた明日への夢、鮮烈な青春クライマックス!
全米大ヒットのジョン・ボン・ジョヴィ魂の主題歌“ブレイズ・オブ・グローリー”!
ビリー・ザ・キッドと若き“警備団”が命を散らしていった血と銃弾の青春挽歌!!

発売日

2019/08/07

品番

KIBF-1645

販売価格

¥3,800 + 税

★1990年アメリカ/本編約106分+映像特典約10分/カラー/1層/16:9LB(スコープ)/<br>
音声3:@オリジナル英語(ドルビーデジタル/2.0ch)ATV放送版日本語吹替(ドルビーデジタル/2.0ch)BVHS版日本語吹替(ドルビーデジタル/2.0ch)<br>
字幕2:@日本語A吹替補助日本語<br>
★映像・音声特典:・メイキング ・オリジナル予告編 ・TV放送版+VHS版2種の吹替を収録<br>
<br>
INTRODUCTION
前作『ヤングガン』は、若き日のビリー・ザ・キッドとその仲間たちを一躍有名にした“リンカーン郡の戦い”を忠実に映画化し、エミリオ・エステべス、キーファー・サザーランド、チャーリー・シーンなど“ブラット・パック”と呼ばれた当時大人気の若手スターたちが結集した超豪華なキャスティングで、大ヒットを果たした傑作。 2年後の1990年に公開された『ヤングガン2』では、生き残った伝説のガンマン、ビリー・ザ・キッドと、彼の率いる“警備団”がいまやアウトローとして追われる身となり、非情な牧場主に追われ、悪徳政治家にだまされながらも安息の地メキシコを目指す姿を描く。エミリオ・エステベス、キーファー・サザーランド、ルー・ダイアモンド・フィリップスら前作のメイン・キャストに加え、新たな仲間デイヴをクリスチャン・スレーター(『トゥルー・ロマンス』)が演じるほか、ビリーの元仲間で宿敵となるパット・ギャレットにウィリアム・ピーターセン( 『L.A.大捜査線/狼たちの街』)、非情な牧場主に『荒野の七人』などの名優ジェームズ・コバーンが扮し、大荒野を舞台に展開される大追撃戦が見どころ。ちなみに、若き日のヴィゴ・モーテンセンもビリーを追う一味として出演している。本作にエキストラ出演もしたロック界のスーパースター、ジョン・ボン・ジョヴィが若者たちの魂の叫びをこめた“ブレイズ・オブ・グローリー”“ビリー・ゲット・ユア・ガンズ”の楽曲2曲を提供し、“ブレイズ・オブ・グローリー”は全米ビルボードチャート1位を獲得する大ヒットとなり、ゴールデン・グローブ賞でベスト・オリジナル・ソング賞も受賞した。
STORY
西部開拓時代の終末期。余命いくばくもない老人ビルは弁護士を呼び出し、自分がビリー・ザ・キッドだと告白して昔の出来事を語り出す。1878年、ニューメキシコ南部。伝説のアウトローとなったビリー・ザ・キッドとその仲間たちは、彼等の首を狙う賞金稼ぎや軍隊に追われる日々を送っていた。一方、足を洗って教師をしていた昔の仲間のドクは理不尽に放り込まれた留置所で仲間のチャベスと再会する。ビリーたちは2人を助け、新しい仲間と共に“警備団”を再結成し、牧場王の異名をもつ権力者ジョン・チザムに脅しをかけるが、チザムは知事と手を組み、ビリー抹殺に本腰を入れる。彼らがビリー抹殺のためにリンカーン郡の保安官に任命したのは、元仲間のパット・ギャレットだった…。
STAFF
●監督:ジョフ・マーフィ『沈黙シリーズ第3弾/暴走特急』
●製作:アービー・スミス『メジャーリーグ』、ポール・シフ『失踪』
●製作総指揮:ジェームズ・G・ロビンソン『ラスト・オブ・モヒカン』、
 ジョー・ロス『トリプルX:再起動』、ジョン・フスコ『ヤングガン』
●脚本:ジョン・フスコ
●撮影:ディーン・セムラー『マッドマックス2』
●音楽: アラン・シルヴェストリ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
●歌:ジョン・ボン・ジョヴィ 
CAST
エミリオ・エステヴェス、
キーファー・サザーランド、
ルー・ダイアモンド・フィリップス、
クリスチャン・スレイター、
ウィリアム・ピーターセン、
ジェームズ・コバーン、
ジンジャー・リン・アレン、
ジェニー・ライト、
ヴィゴ・モーテンセン