• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

怪談新耳袋 怪奇 ツキモノ

主演:真野恵里菜×監督:篠崎誠(恐怖の最終兵器)×脚本:三宅隆太(Jホラーの実践派)最強コラボが生み出す、深化した劇場版『怪談新耳袋』―

発売日

2017/06/07

品番

KIBF-1514

販売価格

¥1,900 + 税

2010年/日本映画/2010年日本公開

収録時間:本編50分+映像特典
仕様:カラー 16:9LB(ビスタサイズ) 片面1層
音声:
@オリジナル日本語(ステレオ)
A日本語副音声(ステレオ)

映像特典:
赤坂怪談(出演:真野恵里菜 他)
舞台挨拶映像
劇場予告編、
TVスポット
篠崎誠(監督)、三宅隆太(脚本)によるオーディオコメンタリー

INTRODUCTION
警告 観たら 憑かれる 危険映画!(有名霊媒師談)

怪物が全速力で襲ってくるアメリカンな第一部に驚愕し、一転して幽霊がじっと動かないジャパニーズな第二部に背筋が凍りついた。これはまるで、篠崎誠によるホラー映画史だ。−黒沢清(映画監督)

えっ、「新耳袋」でこんな事やってアリだったの!?ずるい、知ってたら俺もハチャメチャに撮ったのに!なんでもアリの恐怖が「新耳」の本質と再確認させる二部作です。−井口昇(映画監督)

現代怪談ブームを巻き起こした「新耳袋」を原作にした、超人気怪談シリーズ『怪談新耳袋』。もはや伝説となった最恐のロング・シリーズの劇場用映画作品。監督は、黒沢清、鶴田法男、清水崇、高橋洋らJホラーの巨匠たちが一目置く、”恐怖の最終兵器”篠崎誠。脚本は自身もシックスセンスの持ち主で、数々の心霊体験を公言するJホラーきっての実践派の三宅隆太。ヒロインは、ハロー!プロジェクト所属の人気NO.1アイドル、真野恵里菜。映画初主演ながら、本格的ホラー演技で新たな魅力を魅せる。また、主題歌も歌い、英語歌詞にも挑戦している。国内劇場大ヒットを記録し、ハリウッドでワールド・プレミアも成功、日米を震撼させたJホラーの進化形!!

STORY
就職に対する漠然とした不安を抱える大学3年生の桐島あゆみ(真野恵里菜)。志望会社の二次面接を終え、授業に出ようとキャンパスに向かうバスに乗車した彼女は、靴も履かずに素足のまま車内に乗り込んできた奇妙な女と遭遇する。体を小刻みに震わせ、大きなしゃっくりを繰り返す女に、あゆみは思わず「大丈夫ですか?」と声をかける。「・・・背負う気あんの?」返答とも独り言ともつかない不気味な言葉を呟く女。あゆみは急いでバスを降り、友達が待つ教室に向かうが、バスの女はいつの間にか大学内に侵入。あゆみが授業を受ける教室の窓の外に現れる。ざわめく生徒たち。化け物のように爛々と輝く女の瞳。その視線が怯えるあゆみをとらえ・・・。
STAFF
監督:篠崎誠(『東京島』)
脚本:三宅隆太(『呪怨 白い老女』)
原作:木原浩勝「隣之怪 病の間」(角川文庫刊)
主題歌:真野恵里菜『家へ帰ろう』
音楽:遠藤浩二
プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ、山口幸彦
撮影:三栗屋博
CAST
真野恵里菜 (Hello!Project)
坂田梨香子(SEVENTEENモデル)
鈴木かすみ
吉川友(ハロプロエッグ)
北原沙弥香(ハロプロエッグ)