• twitter

牛来美佳




1.「いつかまた浪江の空を」 作詩:牛来美佳・山本加津彦/作曲・編曲:山本加津彦 2.「いつかまた浪江の空を(オリジナルカラオケ) Chorus:浪江・津島小学校に残った21人の子供たち(2015年、仮校舎の教室にて収録)」 3.「いつかまた浪江の空を」(インストゥルメンタル) 2022年3月11日 配信にてリリース!! 配信サイトの情報は下記をクリック https://king-records.lnk.to/namienosora_gorai

PROFILE

東日本大震災により故郷を離れ、避難生活を続けるシンガーソングライター・牛来美佳(ごらいみか)。

2015年に故郷・浪江町への想いを綴り「いつかまた浪江の空を」を音楽家・山本加津彦氏と共に制作しYOUTUBE上にて発表。(コーラスは浪江出身の小学生21人とともに彼らが通う二本松市の仮校舎にて2015年に収録された)
彼女自身が被災者の一人として『いつか、もう一度故郷を取り戻せるように』という苦しみの中にも前向きな願い・祈りが込められた胸を揺さぶる楽曲。震災から11年目を迎える2022年3月11日に配信での発売が決定した。
これに先駆け、ももいろクローバーZの佐々木彩夏が総合プロデュースを手掛ける浪江町とのコラボ活動をメインに据えたアイドルユニット「浪江女子発組合」の1stアルバム(「花咲む」2022.2.23発売)でもカバーされるなど、注目を集める楽曲になっている。