• twitter

MAY’S

<mixi公認アカウント>
http://mixi.jp/official_member.pl
<BLOG>
MAY'S OFFICIAL BLOG 舞こりん。 http://ameblo.jp/clubmays/
NAUGHTY BO-Z http://ameblo.jp/naughtybo-z/

WAになっておどろう 〜ILE AIYE〜 feat. Fatman Scoop, ハーフ芸人オールスターズ

DISCOGRAPHY

CDアルバム
MAY’S
2014年03月05日発売
CDアルバム
片桐舞子(MAY’S)
Solo
2013年12月04日発売
CDアルバム
MAY’S
2013年02月13日発売
CDアルバム
2012年06月13日発売
CDアルバム
2012年06月13日発売
CDアルバム
MAY’S
2011年02月16日発売
CDアルバム
2010年03月24日発売
CDアルバム
MAY’S
2010年01月13日発売
CDアルバム
2009年01月14日発売

PROFILE

[MAY'S(メイズ)]
ボーカルの片桐舞子は群馬県出身、片桐会片桐流民謡の家元。両親ともに師範という、唄と日本舞踊のサラブレッドである。2005年11月に、集英社ファッション誌「MORE」のTVCMソング 「Sha la la…」を含む、ミニアルバム『Drawing』を発売。また2006年6月に発売した12inch限定リミックスがCISCOやDMRなど大手レコードショップで総合1 位を獲得するなど、本格派R&Bの一面と極上POPSの一面を兼ね備えた、類い稀なユニット。トラックメイカーの河井純一がこだわる「本物の真似事ではなく、あくまでも"日本人のための音楽"」というテーマは、ジャンル・性別・世代を超え、日本人の心の琴線を振るわせている。飾らずに直球で伝える片桐舞子の歌詞は、全世代の女性層から圧倒的な支持を受けている。

2006年9月13日、1stアルバム「Beginning」を発売。そして同年、盟友CLIFF EDGEに楽曲提供・フィーチャリングで参加した「BIRTH 〜You're the only one Pt.2〜 feat. MAY'S」がUSENでスマッシュヒットを記録。

2007年11月14日には、CLIFF EDGEとのスプリットミニアルバムを「Dear...」をリリースした。
2008年7月2日、1stシングル「My Everything」にてVenus-B /KING RECORDSよりメジャーデビュー。 

2009年1月13日に、メジャーデビューアルバム『Dreaming』を発売。オリコンウィークリーチャート初登場6位を記録、一躍注目を集める。初の東名阪ツアーを行い、ファイナルの渋谷O-Eastワンマン公演をSOLD OUTさせ、大成功を収める。 

飛躍の年となった2009年はシングル「I WISH」「I LOVE YOU が言えなくて」「ONE LOVE 〜100万回のKISSでアイシテル〜」をリリース。いずれも着うた(R)、着うたフル(R)のDLを含めスマッシュヒットを記録し、2010年1月13日にセカンドアルバム『Amazing』をリリース。自己最高となるオリコンデイリーチャート3位、ウィークリーチャート4位を記録。人気と評価を確実なものにした。3月24日には、珠玉のコラボレーション楽曲を集めた「Featuring 〜コラボベスト〜」をリリース。 
2010年は、5月5日に配信限定シングルとして映画:音楽人の主題歌でもある「星の数だけ抱きしめて」をリリースすると同時に、同映画の挿入歌の担当やMAY'S自身の出演も果たす。 
6月16日には、2ndアルバム「Amazing」リリース後に開催した全国7箇所でのワンマンツアーのファイナル公演を収録したLIVE DVD"Amazing"をリリースし、オリコンデイリーチャート(音楽DVD)5位を獲得し、ライブアクトとしての評価も高まる。
その後,8月に「遠くへ〜Spread Your Wings〜」、10月にライブ会場・限定販売シングル「SUPER SONG」をリリース。

2011年1月19日には、初のアニメ主題歌を含む「君に届け…/WONDERLAND」をリリース。壮大なバラードに挑戦し、MAY'Sとして新たなフィールドを見せつけた。2月16日には2010年5月からのシングルを収録したサードアルバム「Cruising」をリリースした。

片桐 舞子
Vocal
5月31日生まれ
群馬県生まれ、片桐会片桐流民謡の家元に生まれ育ち、幼い頃より歌に慣れ親しむ。
ジャンルを問わず歌うことがとにかく好き。
90年代マライヤ・キャリー、ホイットニー・ヒューストン、セリーヌ・ディオンなどR & Bヒット曲の影響を受け、生まれ持った声と歌唱テクニックを活かした歌唱スタイルを確立。
河井純一と出会い、MAY'Sを結成し、本格的なR& B唱法を活かしながらも多くの人の心の支えとなる普遍的なPOPSの世界観を持ったシンガーとして活躍している。
河井純一 a.k.a NAUGHTY BO-Z Produce / Composer 5月7日生まれ ロックバンドのギタリスト、ソングライターとして活動後、バンドを解散してMAY'Sを結成。打ち込みでのトラックメイクにスタイルを切り替える。 最新のHIP HOP/R& Bだけでなく、オールドスクールやニュージャックスイングなど、良質のブラックミュージックを独自の感性で料理したキャッチーなトラックが、クラブシーンで高い評価を得る。 06年アナログシーンでの成功に続き、07年ロングセラーとなったCLIFF EDGE「BIRTH」における3曲のプロデュース、CLIFF EDGE & MAY’Sミニアルバム収録の「Dear...」のプロデュースなど、リミックスやプロデュースワークは評価が高く、他のアーティストからのトラック依頼も急増中。

Others

<mixi公認アカウント>
http://mixi.jp/official_member.pl

<BLOG>
MAY'S OFFICIAL BLOG 舞こりん。 http://ameblo.jp/clubmays/
NAUGHTY BO-Z http://ameblo.jp/naughtybo-z/

YouTube

TOKYO BLUE/片桐舞子(from MAY'S)  MAY'S 片桐舞子 待望の1st Album「Solo」より、リード曲「TOKYO BLUE」のMusic Videoを公開!
「MAY'S BEST TOUR 2013」ダイジェスト映像
ダイヤモンド
Smiling (CM SPOT)
SKY (short ver.)
「星の数だけ抱きしめて」 Live at THE FACTORY presents MAY'S RETURN LIVE "39"
LIVE DVD 「Live Tour 2011 Cruising」 Trailer
BONDS short ver.