• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

熊川哲也のくるみ割り人形

目を瞑ると、そこには最高の情景―――――――――
バレエを聴く。
芸術監督、熊川哲也「シアター オーケストラ トーキョー」による
本格的セッション・レコーディングを敢行。
熊川版「くるみ割り人形」、ついに初音源化!
おとぎの国から溢れだす珠玉の名曲たち・・・・

発売日

2009/04/22

品番

KICC-730〜1

販売価格

定価¥3,619 + 税

チャイコフスキー 作曲
井田勝大 指揮 シアターオーケストラトーキョー
世界にひとつしかない熊川版公式CD遂に発売 !!

<収録曲>
バレエ音楽「くるみ割り人形」作品71(全曲)
CD1 第1幕
CD2 第2幕
井田勝大 指揮 シアターオーケストラトーキョー
録音:2008年12月7−8日 市川市文化会館におけるセッション録音

熊川哲也から匂いたつ音楽的感性を刻み込んだCDの誕生!!
世界にひとつしかない熊川版「くるみ割り人形」。
演出はもちろん、音楽にまで極めて個性的な世界観を展開させる熊川哲也のアーティスト力は他の追従を許さない。
これまで、バレエ音楽のCD録音といえば、オーケストラの指揮者の感性、音楽性でつくりあげられてきたものばかりです。
この録音は、従来の発想を超えて、ダンサーである熊川哲也が持つ音楽に対する「感性」を、音楽をつくり上げる最も重要な要素と考え、演奏に十分に反映させ、再現することを最大の目的としています。
つまり、ダンサーによるダンサーのためのバレエ音楽の追及がこの録音のテーマです。
ここから、熊川哲也が持つ驚異の聴覚感性を体感することになるでしょう。

熊川哲也の「くるみ割り人形」の世界観に徹底的にこだわり生み出される音楽は、云わば、指揮者とダンサーの究極のコラボレーション。舞台袖には、チャイコフスキーの微笑が浮かんできそうです。「バレエを聴く。」新たな楽しみの始まりです。

熊川哲也から匂いたつ音楽的感性を存分に刻み込んだCDの誕生です。

熊川哲也のくるみ割り人形(全曲) CDのポイント
□世界初、バレエダンサー監修による「くるみ割り人形」全曲レコーディング。熊川哲也がすべての録音セッションに立会い、テンポ、音楽表現などを直接指示。これまでのレコーディングにはなかったアプローチで、熊川×チャイコフスキーの魅力が炸裂します。

□ 演奏は、熊川哲也率いるK−バレエカンパニーが抱えるオーケストラ、「シアターオーケストラトーキョー」。そのサウンドは、熊川バレエのすべてを熟知するオーケストラ・メンバーと、若き俊英、指揮者井田勝大によって、バレエと音楽の濃密な関係を、大胆かつ繊細な表現で演奏。

□ 唯一無二!熊川版「くるみ割り人形」スコアを使用。このCDでしか聴けないバージョンです。どこが違うのか?それらは、舞台演出に沿って、原曲を尊重しつつ大胆に新しく書き加えられた楽想やチャイコフスキーの他のバレエ音楽から場面のイメージとマッチする楽曲が挿入されるなど、物語がより煌びやかに目の前に現れるものばかり。

熊川哲也のくるみ割り人形でしか体験できない特別な世界が繰り広げられます。

演奏者プロフィール
管弦楽:シアターオーケストラトーキョー
2005年秋、バレエを中心とした“劇場”を主な活動の場として編成されたオーケストラ。同年11?12月熊川哲也Kバレエカンパニーの「くるみ割り人形」公演での演奏が各方面より評価される。それ以降広く活動を展開し、2006年には同じくKバレエカンパニーの「眠れる森の美女」「コッペリア」「ジゼル」「ラプソディ」「若者と死」「二羽の鳩」「三人姉妹」「くるみ割り人形」とすべての公演の演奏を務める。2007年1月、日本でのバレエ音楽指揮者の第一人者として活躍し、バレエ音楽に最も造詣の深い福田一雄氏が音楽監督に就任。バレエに対する取り組みを積極的に展開している。

指揮:井田勝大(いだ かつひろ)
鳥取県生まれ。東京学芸大学音楽科卒業、同大学院修了。2003年から来日オペラ団体の公演に制作助手として携わり、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、東京のオペラの森などで小沢征爾、ズービン・メータのアシスタントを務める。2004年、江戸開府400年記念東京文化会館事業「あさくさ天使」に副指揮者として参加。2007年、東京バレエ団「ドナウの娘」日本初演にあたり指揮者アシスタントとして楽譜の修正を含め大きな役割を果たす。同年11月、Kバレエカンパニー「白鳥の湖」公演においてデビュー。国内外の多くの指揮者のアシスタントとして、オーケストラでは東京フィルハーモニー交響楽団や大阪センチュリー交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団などと仕事をしている。その他、アマチュアを含め多数のオーケストラや合唱団を指導。トランペットを田宮堅二、田中昭、山城宏樹に、指揮法を山本訓久、高階正光に師事。
【DISC1 アルバム】
1.バレエ音楽「くるみ割り人形」 序曲-人形の国
2.バレエ音楽「くるみ割り人形」 シュタールバウム家のパーティへ
3.バレエ音楽「くるみ割り人形」 子供たちの踊り
4.バレエ音楽「くるみ割り人形」 ドロッセルマイヤーと子供たち/親たちの踊り
5.バレエ音楽「くるみ割り人形」 人形劇
6.バレエ音楽「くるみ割り人形」 クララとくるみ割り人形
7.バレエ音楽「くるみ割り人形」 パーティの終わり/真夜中
8.バレエ音楽「くるみ割り人形」 ねずみと人形の兵隊
9.バレエ音楽「くるみ割り人形」 クララと王子
10.バレエ音楽「くるみ割り人形」 雪の国
【DISC2 アルバム】
1.バレエ音楽「くるみ割り人形」 人形の国
2.バレエ音楽「くるみ割り人形」 花のワルツ
3.バレエ音楽「くるみ割り人形」 アラブ人形の踊り
4.バレエ音楽「くるみ割り人形」 スペイン人形の踊り
5.バレエ音楽「くるみ割り人形」 中国人形の踊り
6.バレエ音楽「くるみ割り人形」 ロシア人形の踊り
7.バレエ音楽「くるみ割り人形」 フランス人形の踊り
8.バレエ音楽「くるみ割り人形」 マリー姫と王子のパ・ド・ドゥ
9.バレエ音楽「くるみ割り人形」 王子のヴァリエーション
10.バレエ音楽「くるみ割り人形」 マリー姫のヴァリエーション
11.バレエ音楽「くるみ割り人形」 クララとドロッセルマイヤー
12.バレエ音楽「くるみ割り人形」 コーダ
13.バレエ音楽「くるみ割り人形」 フィナーレ