• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

はらはらなのか。

迷える少女・原ナノカ12 歳。いざ、「本当リアル」と「嘘フィクション」の世界へ。

発売日

2018/02/07 予約受付中

品番

KIXF-532

販売価格

¥4,800 + 税

2017年/日本/2017年4月1日公開

収録時間:本編約100分(予定)+映像特典
仕様:カラー ビスタ(スクイーズ) 片面2層
音声:@オリジナル日本語(ドルビーデジタル/ステレオ)

映像特典:予告編、メイキング映像 収録予定


※仕様等、内容は予定のため変更になる場合がございます。
※商品写真は見本のため変更になる場合がございます。
INTRODUCTION
幻を追い越して、憧れになるんだーーー。
迷える少女・原ナノカ12 歳。いざ、「本当リアル」と「嘘フィクション」の世界へ。
子役から女優への転換をしきれない、12歳の少女ナノカが、女優だった亡き母の残した演劇集団Z-Lionの舞台とめぐり会い、喫茶店の店主・リナや劇団の奇妙な仲間たちと触れ合いながら、大人の階段を少しずつ歩き始めるファンタジック・ストーリー。主人公ナノカを演じるのは、『地獄でなぜ悪い』(13)のヒロインの幼少期役で鮮烈な印象を残し、雑誌『キラピチ』の専属モデルとしても活躍する13歳の新星・原菜乃華。彼女を導く喫茶店の店主・リナには、舞台・ドラマ・映画などジャンルの枠を飛び越えて活躍中の松井玲奈。ナノカが憧れる生徒会長には、大注目の16歳のポップスター・吉田凛音。大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のOPテーマを手がけるなど話題沸騰のチャラン・ポ・ランタンら、華やかで個性的なキャストたちと音楽が物語を彩る。監督を務めるのは、前作『いいにおいのする映画』(15)がMOOSIC LAB 2015でグランプリ・観客賞ほか6冠に輝き、25歳の新鋭・酒井麻衣。本作が商業デビューとなる。ファンタジー映画監督として注目を集める酒井監督が、原菜乃華が実際に主演した舞台『まっ透明なAsoべんきょ〜』(15)を原案に、彼女が舞台に立つまでのアナザーストリーを完成させた。
いざ、「本当 リアル」と「嘘 フィクション」の世界へ! ナノカは、物語の向こう側に何を見るのかーー?
STORY
人々の心に残る女優になりたいーーそう願いながらも、なかなか芽が出ない子役・原ナノカ(原菜乃華)。もうすぐ13歳になる彼女は、さみしい時にだけ見えるもう一人の私・透明ナノカがいなければ朝も起きられない。父・直人(川瀬陽太)にも素直になれない、まだ夢見がちで迷えるお年頃。自分が生まれると同時に亡くなった母・マリカ(松本まりか)に憧れて始めた女優業だけど、オーディションに行っても不合格続き。モヤモヤした日々を送っている。ある晩、父の都合で田舎町に引っ越してきたナノカが見つけたのは、舞台『まっ透明なAsoべんきょ〜』の再演とキャスト募集のチラシが入った封筒。それは、13年前に母が出演した舞台だった。絶対に主役をやりたい!と反対する父にも内緒でオーディションを受けることを心に決めたとき、運命のいたずらか、初演で母の娘役を演じたリナ(松井玲奈)の喫茶店を見つけるナノカ。時を同じくして、転校先のスター生徒会長・凜(吉田凜音)と出会い、歌手を目指すリナの存在に、少しずつ感化されていく。主役を勝ち取り、劇団Z-Lionの演出家(粟島瑞丸)とメンバーら(チャラン・ポ・ランタン、micci the mistake、広瀬斗史輝、上野優華、カンカンバルカン)と稽古をすることになるナノカだが、なかなか役の気持ちをつかみきれない。演技をすることは、「本当」か「嘘」なのか。ナノカがたどり着く未来とは……?
STAFF
監督・脚本:酒井麻衣
企画:直井卓俊
撮影:伊集守忠
録音・効果・MA:吉方淳二
照明:小川大介
CAST
原菜乃華 松井玲奈
吉田凛音 粟島瑞丸 チャラン・ポ・ランタン
micci the mistake 上野優華 広瀬斗史輝 水橋研二 松本まりか