• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

眠れない夜に聴く音楽

チェリスト・溝口 肇が贈る、最新の眠りのための音楽

アーティスト名

溝口 肇

発売日

2014/03/05

品番

KICC-1132

販売価格

定価¥2,381 + 税

チェリスト 溝口 肇が贈る眠りのための音楽。漆黒の夜空のように、深く澄んだチェロの音色が、あなたを心地良い眠りへと誘います。

Composed, Cello by 溝口 肇
Piano: アキコ・グレース、古川初穂 紺野紗衣、溝口 肇
Synth: 多東康孝、溝口 肇
Drums: 鶴谷智生
Bass: 鳥越啓介
Guitar: 西川 進、竹中俊二

produced by 溝口 肇
composed, arranged, mixed by 溝口 肇
recording at LAB recorders, Grace One Studio
Story:今井栄一
【DISC1 CDアルバム】
1.Sleepless Night
2.Usual Blue Sky
3.After Dark
4.Northern Lights
5.Cat and Angel
6.Classic Blue
7.Sleepy Places
8.Light in The Forest
9.Dolly
10.Dream
11.Spirit
12.The Sun and The Moon
溝口 肇が贈る、最新の眠りのための音楽!
私は、30年ほど前にむち打ち症を煩い、眠れなくなった時に「眠るための音楽」を作り始めました。蓄積されたストレスを解放するためには、深い眠りで心と身体をリラックスさせ、明日への活力を生み出すことが重要だと考えます。このアルバムがそのきっかけになるようにと、安心を感じられるような、誰かの愛を思い出せるものをイメージしながら作曲しています。睡眠導入のための包み込む音楽で、すべての人の眠れない夜を包んでみたいと考えています。    溝口 肇

溝口 肇 プロフィール
1960年東京生まれ。テレビ朝日の長寿番組「世界の車窓から」のテーマ曲でもお馴染みのチェリスト、またサウンドプロデューサーとして幅広い顔を持つ。 1986年「Harfinch Dessert」でソロデビュー。日本たばこ「ピースライト」のCM出演とともに一躍脚光を浴びる。大ヒットドラマ「Beautiful Life」(TBS)、NHK連続テレビ小説「オードリー」、映画「人狼(JIN-ROH)」「Tokyo Tower」など数多くの劇中音楽を手掛け、作曲家としても活躍。