• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

怪談新耳袋 劇場版 幽霊マンション

次は俺たちの番なんだ・・・。

発売日

2017/06/07

品番

KIBF-1512

販売価格

¥1,900 + 税

収録時間:本編94分
仕様:カラー 16:9(ビスタサイズ/スクイーズ) 片面2層
音声:
@オリジナル日本語(ステレオ)
A日本語副音声(ステレオ)

映像特典:
「ドキュメント怪談新耳袋 幽霊マンション」
原作者・木原浩勝の独り怪談(5話)
劇場予告編
豊島圭介監督、村上賢司監督によるオーディオコメンタリー
INTRODUCTION
TVホラー界の鬼才、吉田秋生監督と「ケータイ刑事 銭形泪」の黒川芽以のコンビで描く“幽霊マンション”。
増殖するジャパニーズホラー『怪談新耳袋』。
劇場でヒットした「怪談新耳袋」の第2弾!
今回は、長篇作品『幽霊マンション』が登場!!
STORY
古いマンションに引っ越して来た17歳の少女、愛実。そのマンションの表には、一本の白線が引かれていた。「必ず夜中の12時までに、この線の内側に入らなければいけないよ」。このマンションは普通じゃない。零時までに戻らなかったり、異変に怯えて出ていこうとする人たちは、次々に不審な死を遂げていくのだ。ここには30年前に行方不明のまま、それきりになった少女の霊がとりついている。寂しがり屋の幽霊は、様々な霊を呼び寄せるだけでなく、住人が零時までに帰ってこなければ殺してしまうのだ。次々と愛実を襲う恐怖。そして、淡い初恋を抱いた高志までもが・・・。逃げることはできない。そして、恐怖は、愛実の抱える“暗い記憶”と“悲しみ”までも暴き出していく・・・。

STAFF
監督:豊島圭介(第1回長編監督作品)
原作:「新耳袋」木原浩勝、中山市朗(角川文庫刊)
脚本:加藤淳也(『デストランス』)
プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ、山口幸彦
ラインプロデューサー:鈴木浩介
音楽:遠藤浩二
撮影:金谷宏二
照明:田村文彦

CAST
内山理名
平田 満
高橋和也
田島令子
岩本千波
佐々木すみ江
織本順吉