• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

受難

直木賞作家・姫野カオルコ原作、衝撃の映画化!
岩佐真悠子が初フルヌード、初ベッドシーンに挑戦!
ある日、フランチェス子のアソコに人面瘡(じんめんそう)が!!

アーティスト名

受難 /映画(ビデオ)

発売日

2014/05/14

品番

KIBF-1286

販売価格

¥4,800 + 税

【本編ディスク】(DVD)
●収録時間:本編95分+映像特典
●仕様:カラー 16:9ビスタサイズ 片面1層
●音声:@日本語ドルビーデジタル(5.1ch)

■映像特典:☆本編 ☆劇場予告編


【特典ディスク】(DVD)
●収録時間:特典映像72分
●仕様:カラー 16:9LB 片面1層
●音声:@日本語ドルビーデジタル(ステレオ)

■映像特典:☆メイキング・オブ・受難 ☆舞台挨拶映像
メイキングは“問題シーン”の舞台裏を克明に記録した完全編集版!!
※メイキングは発売中のDVD「岩佐真悠子in受難」とは内容が異なります。



INTRODUCTION
ある日、主人公のアソコに人面瘡ができるという奇想天外な設定で始まる本作品の原作は、「昭和の犬」が第150回直木賞を受賞した人気小説家・姫野カオルコの傑作同名小説。更に本作は姫野カオルコ初の映像化となる記念すべき作品となった。とにかくアソコの描写が頻繁に登場するだけに映像化は100%無理だろうと言われた原作を新鋭・吉田良子監督が果敢に挑戦。主演はグラビアアイドルで頂点を極め、女優として活躍の場を広げる岩佐真悠子。とてつもない難役をフルヌードも辞さず演じ切り”女優魂”を見せつけた。そして「あまちゃん」で一世を風靡したことが記憶に新しい大友良英が音楽を担当。様々な個性がぶつかり合い生み出された本作は、過激でありながらどこかピュアな世界観で、あなたに性と愛の本質とは何かを問いかけます!
STAFF
原作:姫野カオルコ「受難」(文春文庫刊)
監督・脚本:吉田良子
音楽:大友良英
CAST
岩佐真悠子
淵上泰史
伊藤久美子
古舘寛治