• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

Scheherazade

■日本を代表するプログレッシヴ・ロック・バンドで、キングレコードの誇るロック専門レーベル“NEXUS”の第一弾アーティストである“ノヴェラ”の前身バンド“シェラザード”が永き沈黙を破り、遂に奇跡の完全復活を果たす!!シェラザード名義では4枚目となる待望のスタジオ・ニュー・アルバム『ワンス・モア』を完成。平山照継が本作のために新たに書き下ろした楽曲は、美しいメロディを伴いながら起承転結をドラマティックに演出し、まるで絵画や映像を思い浮かべさせる構築美に溢れた大曲ばかり。八編にも連なる一大叙事詩に誰もが涙する事だろう。まさにシェラザード史上最高傑作の誕生だ!!

■結成40周年という記念すべき年を迎えるシェラザード。本作参加のメンバーはオリジナル・メンバーである五十嵐久勝(Vo)、平山照継(G)、大久保寿太郎(B)に後期シェラザード、ノヴェラ、ジェラルド、アースシェイカーの永川敏郎(Key)、スターレス、テラ・ローザの堀江睦男(D)というJプログレ界における最重要メンバーが一大集結!!プロデューサーにはNEXUSレーベルの創始者である“たかみひろし”を迎え、万全の体制で制作が進められた本作。哀愁感漂うメロディックなブリティッシュ・ハード・ロックをベースに、シンンフォニックな要素が大胆に加わった完璧過ぎるサウンド。様々なリズムや転調など目まぐるしく展開されるスリリングなアレンジながら難解さを全く感じさせず、圧倒的に構築されたプログレ的要素に満ち満ちている。古のプログレ・マニアから現代のロック・ユーザーまで幅広い音楽ファンの期待を裏切らない名盤が誕生した。

■バンドのリーダーである大久保と堀江によるヘヴィさとグルーヴを兼ね備えたタイトなリズム隊。オルガン、キーボード、ピアノと様々な鍵盤を自在に操り、華麗なるフレーズを連発、シンフォニックな魅力を最大限に表現する永川。時には艶のある甘くも太いトーンでメロディックに歌い上げ、時には切れの良いカッティング、巧みなリフ&オブリガートで聴き手を翻弄する平山のインパクト溢れるギター・プレイ。そして、往年のパワフルさを全く失わず、独特な歌い回しで圧倒的な存在感を放つ五十嵐のヴォーカル。メンバー5人全員の有機的演奏と音楽的感性が緻密に融合する事で、驚くべきケミストリーを生み出し、「これぞシェラザード!!」と思わず唸りたくなる程に完成された本アルバムこそが、必ずや新たなる歴史を創り出すだろう。

■アルバム発売後は東京と大阪で40周年記念を歌ったレコ発LIVEを実施。遂にシェラザード伝説が再び動き出す。

シェラザード結成40周年&ニュー・アルバム『once more』発売記念ライヴ

10/14(土)大阪・心斎橋 soma 
10/21(土)東京・吉祥寺 ROCK JOINT GB