【オンライン個別お話し会】主催者指定の本人確認書類について

*イベント開催日当日、専用アプリのご利用時にご登録いただいたお客様情報(顔写真)と、実際に参加されているお客様の画面にてご本人様確認をさせていただきます。
同一人物であると判断できない場合は、下記の主催者指定の本人確認書類1点(または2点以上)が必要となります。
 主催者指定の「本人確認書類」とは 

▼顔写真付きのものは、1点をご持参下さい。下記がその対象となります。
 @パスポート
 A運転免許証
 B学生証
 Cマイナンバーカード(個人番号が見えない、専用のカードケースをご利用下さい。)
 D住民基本台帳カード
 E障害者手帳
 F在留カード

 ※「taspo」は不可と致します。ご注意下さい。
 ※全てについてコピーは不可と致します。現物をご持参下さい。

▼@〜Fをお持ちでない場合は、下記(a)〜(f)の公的証明書の2点、もしくは(a)〜(f)の公的証明書1点と、名前が印字されている物1点以上で確認をとらせて頂きます。(公的証明書1点ではご入場できません)

 (a)保険証
 (b)住民票の写し
 (c)戸籍謄本 
 (d)戸籍抄本
 (e)印鑑登録証明書
 (f)年金手帳

 ※公的証明書はいずれも、公的に発行された状態のままお持ちください。
  また住民票、戸籍謄本、戸籍抄本については発行後半年以内のものとします。(コピー不可)

【名前が印字されている物】
 ・社員証
 ・顔写真の無い学生証
 ・クレジットカード
 ・キャッシュカード
 ・診察券

※全てについてコピー・手書き・期限切れは不可と致します。
※マイナンバー通知カード(顔写真なし)は不可と致します。
※公共料金(電気、水道など)請求書や各種郵便物の類は、名前が印字されたものであっても不可となります。
※【名前が印字されている物】のみは不可となります。(たとえば、社員証1点のみ、診察券2枚は不可)公的証明書1点がベースにないといけません。

◎保険証の貸し借りは法律で禁止されております。また、本人確認書類の細工・偽造、偽造した本人確認書類の使用は全て犯罪行為です。