• twitter

musicare スパ&エステ シリーズ

ビューティー界のカリスマ橋ミカがナビゲートする、癒し効果たっぷりのホームスパ・ミュージック、全4タイトルが登場!

世界中の国々から、スパで大人気の4エリアをセレクト。ビーチリゾート代表ハワイアン・ロミロミ、高級ホテルで定番の極上バリ・スパ、クラシック・マッサージとも呼ばれるスウェディッシュ、そして橋ミカ主宰「ミッシィボーテ」に代表される日本式エステサロン。

それぞれの国のサロンでは、極上のリラックス空間を演出するBGMとして各国の音楽文化と最新のヒーリング・ミュージックがミックスされ、独自の発展を遂げたスパ・エステサロン・ミュージックが流れています。そしてその音楽は効果や効能をより高める音楽として日々進化しています。

橋ミカが監修・ナビゲートする4つの最新ヒーリング・ミュージックは素敵なサロンミュージック
として活躍するのは勿論、CDブックレット内の4つのセルフマッサージ「美容効果バツグン☆ミカ・メソッド」でぜひホームスパを楽しんでください!

PROFILE

STRONG>CD全4タイトル 2013年6月5日発売 税込価格各¥1,800(税抜価格各¥1,714) ミカ流 きれいになるためのバスタイムと音楽♪ バスタイムを楽しむための音楽。これはキレイになるための、私からの新しい提案です。 一日の終わりに音楽を聴きながらゆっくりとリラックスしてバスタイムを楽しめば疲れは解消、細胞も活性化するし、ぐっすりと眠ることもできます。 リラックスするには音楽が不可欠!ゆったりとした時間の流れを演出できるので、サロンでも必ず音楽を流すようにしています。ホームエステやマッサージも体が温まっている入浴中や入浴後がベスト。 入浴で代謝のあがった状態で音楽を聴きながらマッサージすれば、心身ともにリラックスしてデトックスやダイエットの効果も倍増!次の日の体の調子がまるっきり違います。 リンパや血液の循環が悪ければ、どんな高級なコスメだって役には立ちません。キレイのためにも、バスタイムを有効活用して欲しい!そんな思いを込めてこのCDをプロデュースしました。 その日の気分で「ハワイアン」「バリニーズ」、ヨーロッパスタイルの「スウェディッシュ」、そして私オリジナルの「ミッシィボーテ・スタイル」、いろいろ音楽とホーム・スパを楽しんでくださいね。

 

【監修者】橋ミカ

大手エステティックサロン勤務を経て、独立。
多くの経験から得た独自のマッサージ方法を提案するサロン「ミッシィボーテ」を設立。
確実に効果をだすそのテクニックから、“ゴッドハンド”エステティシャンと呼ばれ、女優、タレント、モデルなど多くのセレブ顧客から高い信頼を得ている。雑誌、CMなどでも幅広く活躍中。

橋ミカ オフィシャルブログ http://ameblo.jp/mishii-mika/
プライベートサロン ミッシィボーテオフィシャル http://www.mishii.com/
ミッシー・リスト橋ミカ公式ショッピングサイト http://www.mishii-list.com/

・著書
『毒素排出マッサージ』(2005年、ワニブックス)
『DVDde毒出しセルフマッサージ』(2005年、宝島社)
『橋ミカの美肌姫』(2006年、主婦の友社)
『橋ミカの美人の掟』(2006年、ワニブックス)
『4STEP毒素排出マッサージ』(2006年、講談社)
『橋ミカの腸美人ダイエット』(2008年、幻冬舎)

・テレビ番組
 おネエ★MANS(日本テレビ)
 美美美フォーアフター、10日間でキレイになる企画

・CM
 h&s(P&G)



 

【音楽制作】スタイリズム http://www.styrism.com/

安田寿之
 Toshiyuki Yasuda
 ★Hawaiian/Balinese
 
電子音楽をベースにジャンルレスに活動する音楽家/作編曲家/プロデューサー。

MEGADOLLYレーベル代表。1973年生まれ。兵庫県宝塚市出身。立命館大学理工学部卒。
1994年、Fantastic Plastic Machineに参加。Pizzicato Five、Towa Tei、Combustible Edisonなどのプロジェクトを手掛け、1997年のFPMデビューアルバムを最後に脱退。

「ROBO*BRAZILEIRA」としてブラジル音楽を歌うなどユニークなソロ活動を主体に、Towa Tei、Senor Coconut(Atom Heart)、Clare and The Reasons、Fernanda Takai(Pato Fu)など、内外・ジャンル問わず共作・共演。
CM、中野裕之監督映画、篠山紀信写真映像作品、桑原茂一コメディ作品、維新派や升田学のパフォーマンスなどへの音楽制作も多数。

新しい形の「音楽のソーシャル・ハブ」になるべく、直接配信契約するiTunes Storeで多様なアーティスト作品を全世界発表すると共に、ジャンルレスなミュージシャンをゲストにボーダーレスな場所で開催するライブイベント「We “hub”music!」を主催。常に、既成概念を打破する新しい音楽の公表方法を模索/実施している。

2013年には、1点物の音楽作品と写真を組み合わせた「音楽家の写真展」を行う。
Les Siestes Electroniques(フランス)、Sonarsound Tokyo、Apple Storeなどに出演。
武蔵野音楽大学講師。

 

松下昇平
 Shohei Matsusita(M-Swift)
 ★Swedish/Mishii Beaute

M-Swift (エム・スウィフト)…国境を越えたジーニアス『松下昇平』を中心とする音楽プロジェクト。
ハウス / ジャズ /クロスオーバー界の実力派プロデューサー / DJ。

2007年にイタリアIRMA Recordsと契約、リリースしたアルバム「Morning Light」がワールドワイドにフロアヒット。
その後、セカンドアルバム「Evening Sun」でメジャーデビュー。さらに2011年アパレルブランドnano・universeとのコラボレーションでリリースされたアルバム『Sunshine of Love』はiTunesダンスチャート、またWasabeat総合チャート共に1位を獲得。海外からの評価とともに、国内でもハウス / クロスオーバーシーンのトッププロデューサーとして確固たる地位を確立している。 

また、遡ること2009年にはジャズプロジェクト『24-Carat』としてアルバム『Blue in Black』をリリース。
そのジャズセンスをいかんなく発揮し、シングル曲「Cafe Bahia」はフランスJazzmin Recordsからリリースされ、ヨーロッパで著名DJのプレイリストを賑わした。

その一方で青山テルマのプロデュースや佐藤竹善のRemix、May’nや、アジアの歌姫シャリースのアレンジも手がけるなど、ダンスミュージックのみならず各方面でもその才能を発揮。作曲、トラックメイキングはもちろん、ストリングス、ブラスアレンジまでこなすオールマイティーな才能として注目を集める。

昨年10月にはM-Swiftの新作(2枚組)と U.K.ニューソウルのボーカリスト『マーカス・ベッグ」とのコラボレーションアルバムを2枚連続リリース。更に妻夫木聡主演の映画『スマグラー』に楽曲提供、2012年沖縄映画祭出品作品、AKIRA(EXILE)主演『ワーキングホリデー』の劇伴音楽も担当、幅広いフィールドで実力を発揮する。