• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

近頃なぜかチャールストン≪HDニューマスター版≫

「肉弾」から13年。
岡本喜八監督が痛烈、痛快描き出す。
その後の戦後ニッポン!

発売日

2017/07/12

品番

KIXF-492

販売価格

¥5,800 + 税

1981年/日本映画

収録時間:本編約117分
仕様:モノクロ 1080p Hi-Def(スタンダードサイズ) 1層
音声:@オリジナル日本語 DTS-HD Master Audio(MONO)
INTRODUCTION
非行少年・次郎は婦女暴行未遂で入れられた留置所で、ヤマタイ国閣僚と名乗る謎の老人たちと出会う。彼らは現代政府を見かねて組織を形成していた。釈放後、次郎の父・宗親の古い家をねぐらにしていた老人たちに対し、次郎の母親が彼らに立ち退きを迫り、次郎は老人たちと共闘することに・・・。岡本喜八監督が、本作の製作動機を「近頃なにやらキナ臭くなったので」と語り、笑いの中に政府や社会への痛烈な皮肉を爆発させた社会派喜劇。

★キネマ旬報ベストテン日本映画部門 1981年度 第10位
STAFF
●監督:岡本喜八
●製作:岡本喜八、佐々木史朗
●企画:多賀祥一
●脚本:岡本喜八、利重剛
●撮影:加藤雄大
●美術:小方一男
●編集:阿良木佳弘
●音楽:佐藤勝
●助監督:武内孝吉 
CAST
利重剛、藤木悠、山崎義治、小畠絹子、古館ゆき、財津一郎、本田博太郎、小沢栄太郎、田中邦衛、今福将雄、殿山泰司、千石規子、堺左千夫、岸田森、平田昭彦、滝田裕介、寺田農、中村たつ、黒沢正義