• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

追想

「死ぬまでにこれは観ろ!2018」
キング洋画220連発!
お求め安い価格で再発売!!

ロベール・アンリコ監督の
傑作中の傑作!!

愛するものたちよ、私の心に生きろ!怒りの炎の中に哀しみを焼きつくせ!あふれる涙に照準をくもらすな!

アーティスト名

追想 /映画(ビデオ)

発売日

2018/08/08

品番

KIXF-4252

販売価格

¥2,500 + 税

1975年/フランス映画/1976年日本公開
原題:LE VIEUX FUSIL

収録時間:本編約102分
仕様:カラー 1080p Hi-Def 片面1層
音声:
@オリジナルフランス語(リニアPCM/MONO)
A日本語(リニアPCM/MONO)
●字幕:@日本語 A吹替補助日本語

映像特典:オリジナル予告編


※日本語吹替音声は、現存するテレビ放映時の音声をそのまま収録しているため、一部吹替音源がない部分はオリジナル音源(字幕スーパー付)となっております。
※本作は古い作品のため一部映像及び音声にお見苦しい箇所がございますが、原版に起因するものであり、製品不良ではありませんので予めご了承ください。


※仕様等、内容は予定のため変更になる場合がございます。
※商品写真は見本のため変更になる場合がございます。

INTRODUCTION
『冒険者たち』(67)の名匠ロベール・アンリコ監督の傑作中の傑作!!妻と娘を惨殺された男の、狂えるナチの暴虐への凄絶な復讐!!怒りの火炎放射器が炸裂する、史上最高の復讐映画!!
★1976年セザール賞3部門受賞《最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀音楽賞》

1944年、第二次大戦下のフランスで外科医として黙々と働く男。戦火の拡大にともない愛する妻と娘を田舎へ疎開させるが、パルチザン狩りのドイツ軍小隊に娘は射殺、妻はレイプされ焼き殺されてしまう。溢れそうになる血の涙と鳴咽をかみ殺しながら、怒りに震える男は単身で反撃、ドイツ軍を一人づつ処刑していく・・・。この悲劇の実話を映画化したのは巨匠ロベール・アンリコ。当時低迷気味だったフランス映画界の復活作として絶賛され、『冒険者たち』(67)と並び、アンリコ監督の代表作となった傑作である。出演には当時人気絶頂期を迎えていた女優ロミー・シュナイダー、そしてフランス映画界の誇る名優フィリップ・ノワレ。近年のタランティーノ監督作『イングロリアス・バスターズ』(09)の元ネタでもある。
STORY
1944年、第二次大戦下のフランスで外科医として黙々と働く男。戦火の拡大にともない愛する妻と娘を田舎へ疎開させるが、パルチザン狩りのドイツ軍小隊に娘は射殺、妻は焼き殺されてしまう。溢れそうになる血の涙と鳴咽をかみ殺しながら、怒りに震える男は単身で反撃、ドイツ軍を一人づつ処刑していく・・・
STAFF
●監督・原作:ロベール・アンリコ『冒険者たち』『若草の萌えるころ』
●製作:ピエール・カ−ロ『ボルサリーノ』
●脚本:パスカル・ジャルダン『離愁』
●撮影:エチエンヌ・ベッケル『真夜中の刑事/PYTHON357』
●編集:エバ・ゾラ
●音楽:フランソワ・ド・ルーベ『冒険者たち』『さらば友よ』『ラ・スクムーン』 
CAST
●フィリップ・ノワレ『地下鉄のザジ』『ニュー・シネマ・パラダイス』  
●ロミー・シュナイダー 『離愁』『夕なぎ』
●ジャン・ブイーズ『グレート・ブルー』『ニキータ』 
●マドレーヌ・オズレー『罪と罰』
●ヨアヒム・ハンセン『レマゲン鉄橋』 
●カトリーヌ・ドラポルト
●ロバート・ホフマン