• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

断絶 HDニューマスター版

「死ぬまでにこれは観ろ!2018」
キング洋画220連発!
お求め安い価格で再発売!!

『イージー★ライダー』が勝ち得た自由は、『断絶』によって失われた。『断絶』は70年代の始まりであり、終わりでもある。

アーティスト名

断絶 /映画(ビデオ)

発売日

2018/08/08

品番

KIXF-4250

販売価格

¥2,500 + 税

1971年/アメリカ映画/初公開:1972年10月(CIC配給)/リバイバル:1995年9月(ヘラルド配給)、2012年1月(boid配給)
原題:TWO-LINE BLACKTOP

●収録時間:本編約102分+特典映像
●仕様:カラー 1080p.Hi-Defintion(スコープサイズ) 片面1
層
●音声:
@英語 DTSマスターオーディオ(5.1ch/STEREO)
A日本語 DTSマスターオーディオ(STEREO)
B音声解説英語 DTSマスターオーディオ(STEREO) 
●字幕:
@日本語
A吹替補助日本語
B音声解説用日本語

□映像特典:
・オリジナル予告編
・モンテ・ヘルマン監督&ゲイリー・カーツ音声解説


※仕様等、内容は予定のため変更になる場合がございます。
※商品写真は見本のため変更になる場合がございます。


INTRODUCTION
『イージー★ライダー』(’69)の大ヒット以降、従来の大作映画の不振によりメジャースタジオが苦境に立たされていた状況下、ユニバーサル映画がピーター・フォンダ監督/『さすらいのカウボーイ』(’71)、デニス・ホッパー監督/『ラストムービー』(’71)とともに起死回生の若者向け企画として仕掛けた野心作。それまでB級映画の帝王ロジャー・コーマンの門下生であったモンテ・ヘルマン監督初のメジャースタジオ作品。出演に当時人気絶頂のシンガーソングライター、ジェームズ・テイラーとビーチ・ボーイズのデニス・ウィルソンの二人のロックミュージシャンを起用、そして名優ウォーレン・オーツが最高の演技を魅せる。ザ・ガール役に抜擢された当時新人のローリー・バードはまさに劇中の役柄そのままの少女で、ヘルマンはザ・ガールのディテールの着想を彼女から得ている。その後バードは79年に自殺、ヘルマンは最新作『果てなき路』(2011)をバードに捧げた。また実在する伝説のストリートレース組織、STREET RACERS INC.の映像も映るなど、アメリカン・モーターカルチャーの真の姿を捉えた映画としてもファンを魅了、作品のもう一つの主役ともいえる、撮影に使われた3台の55年型シェヴィのうち1台はのちに黒に塗装されて『アメリカン・グラフィティ』(’73)に登場、もう1台は『トランザム7000』(’77)のトランザムの排気音のオーヴァーダブ用車輌として使わるなど、映画史上もっとも有名な劇中車として知られている。70年代アメリカ、果てしなく続く道とガソリンスタンド、ただひたすら車を走らせる若者...。『イージー★ライダー』でワイアットとビリーが求めたアメリカン・ドリームは、『バニシング・ポイント』(’71)でコワルスキーが夢破れつつもみせた自由への疾走に変容し、ついには『断絶』で空疎な空気と閉塞感、疎外感とともに存在することがすべてであることとなった。映り込むものすべての行動原理は排除され、観る者の感情移入も受け付けずに漂う不穏な喪失感。初公開から40年、ニューシネマ時代のアメリカ映画の極北ともいえる『断絶』は、ヴェンダースからジャームッシュ、リンクレーターからタランティーノ、ギャロまで多くの映画作家たちの憧れであり続けている。もうひとつの『イージー★ライダー』として題材、物語、キャストなどあらゆる面で”売れる”期待を集めた本作。しかしヘルマンはその商業性をすべて排除、ロードムービーとしての純度を極限に高めることに拘った。結果スタジオと対立、不幸な公開形態を余儀なくされた『断絶』の興行惨敗により、ヘルマンは以降一度もメジャースタジオで作品を撮っていない。

STORY
深夜のストリートレースで儲けた賭け金を手に、レース用にチューニングした55年型シェヴィを南東方面へむけてとばすザ・ドライバーとザ・メカニック。停まるのは食事、燃料補給、そして車の整備のときだけだ。途中のダイナーで拾ったザ・ガールを後部座席に乗せ、無言のまま車を走らせる。そしてあるガソリンスタンドでポンティアックGTOに遭遇、2台の車はお互いのピンクスリップを賭けた長距離レースでワシントンDCを目指すことになる...。
STAFF
●監督・編集:モンテ・ヘルマン
●製作:マイケル・S・ローリン
●共同プロデューサー:ゲイリー・カーツ
●脚本:ウィル・コリー、ルドルフ・ワーリッツァー
●撮影:ジャック・ディアソン
●音楽:ビリー・ジェイムズ
●キャスティング:フレッド・ロス、ジェニファー・シュル
●衣装:リチャード・ブルーノ
●録音プロダクション:チャールズ・T・ナイト
CAST
●ザ・ドライバー:ジェイムズ・テイラー
●GTO:ウォーレン・オーツ               
●ザ・ガール:ローリー・バード
●ザ・メカニック:デニス・ウィルソン         
●オクラホマ・ヒッチハイカー:ハリー・ディーン・スタントン