• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

人喰猪、公民館襲撃す!

「死ぬまでにこれは観ろ!2017」 
キング洋画200連発!
お求め安い価格で再発売!!

獣映画史上 最小スケールのスペクタクル!

発売日

2017/08/02 予約受付中

品番

KIXF-4154

販売価格

¥2,500 + 税

2009年/韓国映画/2011年日本公開

●収録時間:本編121分
●仕様:カラー 1080.High-Def(16:9) 2層
●音声:
@韓国語 ドルビーTrue HD(5.1ch)
A日本語副音声(ドルビーデジタルステレオ) 
●字幕:日本語

■映像特典:
★劇場予告編
★バタリアンズ山口雄大×井口昇によるオーディオコメンタリー
★怪談新耳袋殴り込み!<人喰猪編>


※仕様等、内容は予定のため変更になる場合がございます。
※商品写真は見本のため変更になる場合がございます。
INTRODUCTION
『グエムルー漢江の怪物ー』『D-WARSディー・ウォーズ』に続く韓国・怪獣映画は人喰猪!!
血に飢えた巨大な人喰猪(イノシシ)が、村の公民館を襲撃!!逃げまどう村人を次々と血祭りにあげ、破壊の限りを尽くし嵐のように駆け抜ける人喰猪ー。公民館破壊という怪獣映画としては最小スケールのスペクタルも忘れさせる、これぞ怪獣映画の醍醐味!監督はこれが2作目となる「韓国のティム・バートン」ことシン・ジョンウォン。主人公のキム巡査に、ドラマ「復活」や「魔王」でのカリスマ的な演技で注目された、実力派オム・テウン。文字通り、猪突猛進する人喰猪の制作には、『スター・ウォーズ』シリーズや『デイ・アフター・トゥモロー』など、ハリウッドの超大作を手掛けてきたCGプロデューサーのハンス・ウーリックが参加。『グエムルー漢江の怪物ー』『D-WARSディー・ウォーズ』に続き韓国映画界が放つ、新たな怪獣映画の傑作が誕生した!
STORY
10年以上も犯罪のない山奥の小さな村サムメリで、ズタズタに切り裂かれた死体が発見される。死体は古いガンショップを経営する元ハンター、チュンの孫娘であることが発覚。警察は被害者が何者かに殺害されたと断定するが、チュンは人喰猪に襲われたのだと言い張る。関係者からは、山で開かれる週末農業を中止すべきだという声が上がるが、村長たちは強引に進めてしまう。そして週末、第二の犠牲者が!村長は人喰猪の捕獲を、有名なハンター、ペク・マンベとそのチームに依頼。彼らはすぐに巨大な猪を捕まえ、村人たちを安心させるが、チュンだけは本当の人喰猪はまだ森の中にいて、やがて村を襲いにくると警告する。村人たちはチュンの警告に耳を傾けず、公民館で捕まえた猪のバーベキューを開催。お祭り騒ぎがクライマックスに達したとき、突然、想像を絶する巨大猪が公民館を襲い、公民館は血みどろの地獄絵図と化す。
STAFF
監督・脚本:シン・ジョンウォン
製作総指揮:キム・ソンイル、ソン・グァンイク
撮影:キム・ヨンチョル、パク・チヘ
照明:ション・ジェワン
美術:チョン・ソングン 
音楽:キム・ジョンソン
CAST
オム・テウン
チョン・ユミ
チャン・ハンソン
ユン・ジェムン
パク・ヒョックォン