• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

ファーザーズ・デイ 野獣のはらわた

「死ぬまでにこれは観ろ!2017」 
キング洋画200連発!
お求め安い価格で再発売!!

ハリウッドに宣戦布告!燃え上がるインディーズ魂!湧き上がるエクスプロイテーション映画愛!
ロジャー・コーマン、トロマの次はコレだ!!
刺激的で面白い映画を作るために立ち上がった5人の映像レジスタンス、
今、全世界注目の超過激映像集団<アストロン6>の戦いが始まる!!

発売日

2017/07/05

品番

KIXF-4117

販売価格

¥2,500 + 税

2011年/アメリカ・カナダ映画/2014年日本公開

●収録時間:本編約99分+映像特典
●仕様:カラー 1080p Hi-Def(ビスタ) 片面1層
●音声:@オリジナル英語(DTS-HD Master Audio STEREO)
●字幕:日本語

■映像特典(一部字幕無し):
・削除シーン集、
・日本語予告編
・オリジナル予告編
・ロイド・カウフマン緊急来日トーク@新宿武蔵野館
・アストロン6短編大量

INTRODUCTION
<アストロン6>×<トロマ>、最狂遺伝子の融合は、70年代、80年代のエクスプロイテーション映画の要素のすべてをブチ込んだとんでもない興奮と高揚、衝撃の一作を生み出した!物語も展開もすべてが規格外で予測不可能、言語道断にして空前絶後、そして信じがたいクオリティとカッコよすぎる音楽!トロントのアフターダーク映画祭で最優秀作品賞ほか5部門を受賞したのをはじめ、世界中のファンタスティック映画祭を席巻した超話題作!世界を挑発する<アストロン6>の過激な挑発に、あなたは耐えられるか?!!!
本作では監督、脚本は<アストロン6>というチーム名でクレジットされているが、中心となっているのはエイハブ役で主演も務めるアダム・ブルックス。彼は今回、製作総指揮と編集、そして共同で特殊効果と特殊メイクも手掛けている。特殊クリチャー・エフェクトには『マンボーグ』の監督スティーヴン・コンスタンスキ。音楽とオープニング・クレジットを担当したのはジェレミー・ガレスピー。共同製作総指揮はトロマ社の海外セールスとビデオ部門の責任者マット・マンジョリデス。製作は『悪魔の毒々モンスター』シリーズのロイド・カウフマンとマイケル・ハーツ。
 出演は他に、ジョン神父に『マンボーグ』でタイトルロールを演じたマシュー・ケネディ<アストロン6>。同じく『マンボーグ』でジャスティスを演じたコナー・スウィーニー<アストロン6>、エイハブの妹チェルシアにはエイミー・グレイニング。ファックマンを怪演するのはマッケンジー・マードック。また、ロイド・カウフマンが圧倒的な存在感でクライマックスに登場する天国の神様と地獄の悪魔の二役(?)を演じ、作品を見事に締めくくるのも見逃せない。
STORY
世の父親ばかりを狙い、襲い、レイプして惨殺してその肉を喰らう伝説の"父の日殺人鬼"ファックマンが現れた!かつてファックマンに父を殺され、自らも片目を失ったエイハブは復讐の鬼と化し、執拗にファックマンを追う。そのファックマンを遂には路地に追い詰め、かるく仕留めたエイハブだったが、それは別人だった。そして同じ境遇の仲間とともに今度こそほんもののファックマンを殺ったはずだったが、ファックマンは地獄で再生を企んでいた!
STAFF
●監督・脚本:アストロン6
●製作:ロイド・カウフマン、マイケル・ハーツ
●製作総指揮:マット・マンジョリデス、アダム・ブルックス
●音楽:ジェレミー・ギレスピー
●編集:アダム・ブルックス
●特殊効果:スティーヴン・コンスタンスキ
CAST
●エイハブ・・・アダム・ブルックス
●サリバン神父・・・マシュー・ケネディ
●トゥンク・・・コナー・スウィーニー
●チェルシー・・・エイミー・グローニング
●ウォルナット・・・ギャレット・ナティク
●スティーゲル警部・・・ブレント・ニール
●メアリー・・・メレディス・スウィーニー
●ファックマン・・・マッケンジー・マードック
●神/悪魔・・・ロイド・カウフマン