• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

嘆きのピエタ

「続・死ぬまでにこれは観ろ!」 
     キング洋画100連発!

2012年ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞 受賞!
前代未聞の”愛”の結末に世界が言葉を失った、
激しく胸を揺さぶられる衝撃のラスト。
キム・ギドクが描く魂のサスペンス・ドラマ。

愛と言う名の魔物。
天涯孤独に生きてきた借金取りの男。男の母親だと名乗る女。
始めて母の愛を知った男を待つ、衝撃の真実・・・
そして世界が言葉を失った、ある愛のカタチ。
この愛は本物か、偽物か―。

発売日

2015/08/05

品番

KIXF-4020

販売価格

¥2,500 + 税

2012年/韓国映画/2013年日本公開
原題:PIETA

●収録時間:本編104分
●仕様:カラー 1080p High-Def(ビスタサイズ) 2層
●音声:@韓国語(ドルビーTrue HD/5.1ch)
●字幕:日本語

■映像特典:★劇場予告編 ★キム・ギドク監督インタビュー


INTRODUCTION
★第69回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞 ★第85回アカデミー賞外国語映画賞韓国代表 ★第49回大鐘賞映画祭審査員特別賞、主演女優賞 ★第32回韓国映画批評家協会賞最優秀作品賞、監督賞、主演女優賞、国際批評家連盟賞 ★第13回TOKYO FILMEX観客賞(2年連続受賞) ★第33回青龍映画賞 最優秀作品賞 ★第17回サテライト・アワード 外国語映画賞 第9回ドバイ国際映画祭 アジア・アフリカ長編コンベンション部門 最優秀監督賞

北野武監督の『アウトレイジ ビヨンド』やポール・トーマス・アンダーソン監督の『ザ・マスター』など世界中の話題作がひしめいた第69回ヴェネチア国際映画祭ー。並みいる強豪を抑え、最高賞である金獅子賞をみごと受賞したのは、キム・ギドク監督『嘆きのピエタ』だった。この世界三大映画祭(カンヌ、ヴェネチア、ベルリン)での最高賞受賞は、韓国映画史上初という歴史を塗り替える快挙であった。『嘆きのピエタ』は、衝撃に次ぐ衝撃、二転三転の展開、目を背けたいのに目が離せない過激な描写、それなのに、想像を絶する美しくも切ないラストシーンに世界が涙した話題作である。必ずや観る者は未曾有の衝撃と感動に打ちのめされるはずだ。借金取り立て屋を演じるのは、若手実力派俳優イ・ジョンジン。母の愛を知っていくにつれ次第に人間の心を取り戻していく男ガンドを、猛々しさと30男の幼気なさを巧みに使い分けて、観る者を物語に引き込んでいく。一方、ベテラン女優チョ・ミンスが、母親を名乗る女を、緊張感を全編に張りつめさせ圧倒的な存在感で演じ切る。まるで役が憑依したかのような熱演は、韓国アカデミー賞である大鐘賞映画祭主演女優賞はじめ世界で賞賛された。【R-15+】
STORY
生まれてすぐ親に捨てられ、30年間天涯孤独に生きてきた借金取りの男ガンド。冷酷無比な取り立ての日々を送る彼の前に、突然母親だと名乗る謎の女が現れる。女は本当にガンドの母親なのか?なぜ今、現れたのかー?疑いながらも、女から注がれる無償の愛に、ガンドは徐々に彼女を母親として受け入れていく。ところが突然、女が姿を消して・・・。
STAFF
監督・脚本:キム・ギドク
CAST
チョ・ミンス
イ・ジョンジン