• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

キングコング対ゴジラ オリジナル・サウンドトラック

伊福部昭生誕100年、ゴジラ誕生60周年記念企画!
第三作『キングコング対ゴジラ』のオリジナル・サウンドトラックを初の完全収録盤アナログレコードで発売!

発売日

2014/12/24

品番

KIJS-90016

販売価格

定価¥3,600 + 税

ゴジラ生誕60年、伊福部昭生誕100年という二重のアニバーサリーにあたる今年の12月24日に、『ゴジラ』(1954)と『キングコング対ゴジラ』(1962)の2作のサウンドトラックLPが、180g重量盤でキングレコードより同時発売されることになった。両作の単独完全版がアナログLP盤で発売されるのは史上初となる。

録音:1962年7月25日 東宝撮影所 録音スタジオ 

・当時日本映画歴代ナンバー2の観客動員記録をもつ『キングコング対ゴジラ』は、音楽面でもゴジラファンに人気の高い1作
・今回は伊福部昭によるその音楽を余すところなく1枚のLPに収録。ゴジラ60年の歴史の中で初の試み
・音源には多元立体音響上映用に35mmマグネチック・フィルムに録音された当時のステレオ音源を採用

まさに全ゴジラファン、伊福部ファン待望のコレクターズ・アイテムです!!

■LPは180g重量盤
■完全初回プレス限定盤
■初LP化作品 

同時発売
『ゴジラ』 オリジナル・サウンドトラック(完全初回プレス限定盤)
KIJS-90015  ¥3,600+税
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIJS-90015/

▼ではなぜ今、アナログLP盤なのか?
1954(昭和29)年に録音された第1作『ゴジラ』の音楽は、オープンリールの磁気録音テープに収められており、これまで『ゴジラ』の音楽が商品化される際は、エコー成分の追加等の様々なイコライジング処理が施されるのが通例だった。また、これまでのCDフォーマットでは、サンプリング周波数やその他による制限から、マスターに収められた情報を、100パーセントそのまま商品に反映させることは不可能であった。

今回の『ゴジラ』アナログLP盤プロジェクトでは日本の音楽遺産といえる『ゴジラ』のマスターテープに記録された情報を、可能な限りそのままの状態でLP化し、ファンの宝物として後世に残そうという願いから始まった。

同時発売されるのは、アナログLP盤として初のリリースとなる『キングコング対ゴジラ』。当時としては破格の4チャンネル立体音響で録音されたマスター音源を2チャンネル・ステレオにミックス。35mmマグネチック・フィルム(映画用の35ミリ・フィルム全面に磁気を塗布した録音媒体)ならではの重厚な低音と深みのある響きが存分に再現されている。

アートワークに関しても徹底的にこだわり、1954年にはまだLPは存在していないことから、もしも、LPがあったなら、という想定から、あくまでもバーチャルな世界観で映画公開前に宣材として使用されていた貴重なビジュアル「美女を片手に抱いたゴジラの姿」を採用している。第1作『ゴジラ』と『キングコング対ゴジラ』は、ゴジラ映画シリーズの中でも特別な意味をもつ2本。今回のアナログLP盤企画は、両作のために伊福部昭が作曲した極上の音楽を、LPという、マスターテープに限りなく近い状態の音を再現でき、ビンテージ感があり美しいジャケットを手に入れることができる絶好の機会となっている。
【DISC1 LP】
A面 1.メインタイトル
A面 2.世界驚異シリーズ
A面 3.光る氷山
A面 4.シーホーク号の危機
A面 5.シーホーク号SOS
A面 6.ファロ島
A面 7.原住民
A面 8.雷と魔神
A面 9.ふみ子の不安
A面 10.ゴジラ復活す
A面 11.魔神の叫び
A面 12.雷鳴への祈り
A面 13.南海の悪魔/戦いの太鼓
A面 14.大ダコ対キングコング
A面 15.眠れる魔神
A面 16.ゴジラの恐怖
A面 17.不死身のキングコング
A面 18.埋没作戦準備
B面 1.キングコング対ゴジラT
B面 2.100万V作戦準備
B面 3.埋没作戦
B面 4.埋没作戦不成功
B面 5.100万V作戦T
B面 6.100万V作戦U
B面 7.コング東京に現る
B面 8.ふみ子救出作戦T
B面 9.ふみ子救出作戦U
B面 10.キングコング輸送作戦
B面 11.キングコング富士へ
B面 12.富士の対決
B面 13.キングコング復活
B面 14.キングコング対ゴジラU
B面 15.エンディング
1954年10月21日、22日に海外版用にフィルム焼付録音と同時に録音された6ミリの磁気テープ。今回のLPにはこの録音記録シートも収納される


ゴジラのサウンドトラック6ミリ録音テープの外箱


カッティング用のマスターテープはアナログテープへ慎重にコピーして作られた(キング関口台スタジオ第5編集室)。エンジニアはベテランの須賀孝男