• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

SHIP

<Yuka & Chronoship大航海時代到来!!大海原へ漕ぎ出す記念碑的金字塔!!>

発売日

2018/04/04

品番

KICS-3687

販売価格

定価¥3,000 + 税

ジャパニーズ・プログレッシヴ・ロックの新鋭艦“Yuka & Chronoship”NEXUSレーベル移籍となる
メジャー・デビュー・アルバムが堂々完成!!圧巻のコンセプト・アルバムが新世代プログレッシヴ・ロックの幕開けを告げる!!

【収録曲】 
「The ARGO Suite」
01.ARGO - Tears Of The Figurehead
02.ARGO - The Ship Argos
03.ARGO - Landing
04.ARGO - Golden Fleece
05.ARGO - A Dragon That Never Sleeps
06.ARGO - Islands In The Stream
07.ARGO - Return
08.The Airship Of Jean Giraud
09.Visible Light
10.Old Ship On The Grass
11.Did You Find A Star?

Yuka & Chronoship are
船越 由佳(Keyboards,Piano,Vocal)
田口 俊(Bass)
宮澤 崇(Guitar)
田中 一光(Drums)

-Special Guests-
ソーニャ・クリスティーナ(Vocal) from カーヴド・エア
伊豆田 洋之(Vocal)


■ジャパニーズ・プログレッシヴ・ロックの新鋭艦“Yuka & Chronoship(ユカ・アンド・クロノシップ/通称:ユカクロ)”メジャー初となる4枚目のスタジオ・ニュー・アルバムがNEXUSレーベル移籍第一弾として登場!!海外からの評価もズバ抜けて高いインストゥルメンタル中心のプログレ系ニュー・アクトだけに期待値MAX!!

■Yuka & Chronoshipは、シンガーソングライターとしてメジャー・リリースの活動経歴もある船越由佳(Key,Pf,Vo)を中心に、難波弘之率いる“SENCE OF WONDER”にかつて在籍、プロデューサー&作詞家としても著名な田口俊(B)、様々なレコーディングやツアー・サポートで遺憾無くそのテクニックとセンスを発揮してきた技巧派ギタリスト宮澤崇、数多の有名ミュージシャンのレコーディング&ツアーに参加してきたスゴ腕ドラマー田中一光という実力派アーティスト4人により2009年に結成された新進気鋭のプログレッシヴ・ロック・バンド。Yuka & Chronoship最大の特徴こそが、テクニックのみに頼らない圧倒的な楽曲のクオリティの高さであり、そこが他のバンドと一線を画す所以である。

■2011年に1stアルバム『WATER REINCARNATION』、2013年に2ndアルバム『DINO ROCKET OXYGEN』(バンドロゴはプログレ界デザイナーの大御所ロジャー・ディーンが手掛けている!!)をフランスのプログレッシヴ・ロック・レーベルであるMUSEA Recordsから世界31ヶ国でリリース。2015年にはイギリスのCherry Red Recordsより3rdアルバム『The 3rd Planetary Chronicles(第三惑星年代記)』を発表、イギリス及び世界デビューを果たした。2013年に“PROG SUD FES”、2014年に“Crescend Fes 2014”とフランスの大型音楽フェスに参加、ヨーロッパを中心に海外での知名度、人気が着実に上がってきている。

■日本におけるメジャー・デビューとなる本作『SHIP』も従来の作品と同様に、一大スペクタルを感じさせるコンセプト・アルバム。偉大なるプログレの巨匠、歴史的系譜へのリスペクトと共に日本らしさも感じさせる叙情的な美しいメロディ、壮大な広がりを演出する透明感に溢れながらもロック然としたソリッド且つ重厚なサウンド、緻密に構築されたアレンジ、圧倒的な演奏力を武器にYuka & Chronoshipの独壇場とも言えるオリジナリティに満ちたプログレシッヴ・ロックを最大限に表現したバンド最高傑作とも言える本作、大いに期待して欲しい。

■さらに、英国プログレを代表するバンド“カーヴド・エア”のソーニャ・クリスティーナを「Tears Of Figurehead」のゲスト・ヴォーカリストに迎えており、プログレ・ユーザーは号泣必至。また、キング・クリムゾン、エイジアなどでの活躍で有名な故ジョン・ウェットンがヴォーカルを担当する予定だった「Did You Find A Star」には、ピカデリー・サーカスやソロ活動でも有名な伊豆田洋之が参加、これまた要注目だ。