• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

Light Mellow〜Summer

シティポップ/J-AORのバイブル、Light Mellowのコンピ!

発売日

2014/05/14

品番

KICS-3045

販売価格

定価¥2,400 + 税

●音楽ライター金澤寿和が選曲監修する「Light Mellow 和モノ」コンピレーション・シリーズ
大好評ディスクガイド「Light Mellow和モノ Special」(2013/10/25刊)の著者であり、音楽ライター金澤寿和が、
メロウなテイストとグルーヴ、ハイブリッドな感覚をキーワードにしたサウンド・スタイルを提唱する
「Light Mellow」のコンピレーションが登場。

●キング編は、涼感を演出するクール・ボッサやアーバン・ミディアムを数多く収録布施 明「君は薔薇より美しい」、
丸山圭子「どうぞこのまま」等の歌謡曲/ニューミュージックとしてもお馴染みの曲の他、高橋幸宏人脈の小林啓子、
BUZZ古谷野とも子、本人(高橋ユキヒロ)の洗練されたシティ・ポップ、
レアながら再評価される、スーパー・パンプキン、また初CD化の2曲(井上忠夫「ビロード色の午後」、
古谷野とも子「Air Pocket」等を全19曲収録。

●I n t r o d u c t i o n by  Toshikazu Kanazawa  
Light Mellow って何? 
それは、心地良い音楽を形容するひとつの言葉。ジャンル用語でもなければ、特定ジャンルに使う専門用語でもありません。
洋楽と邦楽の壁さえ、外しています。いわゆるポップスやロックをベースにして、
“洗練”をキーワードに、ジャズやソウル、ファンク、フォーク、ボサノヴァ、ラテン、そして時には歌謡曲…。
そんな様々な香りを溶かし込み、こうして1枚のCDに無理なく収めてしまう。それが Light Mellowの極意です。 

アーティストの名前を見て違和感を抱いてしまっても、実際に音を聴けばすぐ納得。セレクションの妙で、
きっと自然に街のリズムやリゾートの風景に同化していくはずです。
言わばこれは、都市生活者のライフスタイルに寄り添うサウンドトラックなのです。 
今回コンパイルした“シティ・ポップス”は、一般的には70〜80年代の音楽だと思われるかも知れません。
それをリアルタイムで体験した世代は、きっと懐メロ的に楽しまれるでしょう。
でもその音は今も輝きを失なうことなく、新しいシティ・ポップ世代を育んでいます。
少しずつスタイルやフォーマットを変えながらも、次の音楽ファンへとシッカリ継承されつつあるのです。 
遊び心を忘れないオトナたちと、夢や憧れをいだいている若者たちへ贈る、都会的な音のスーヴェニール。
世代を超えたエヴァーグリーンな音楽の在り方を世に問うことも、このLight Mellowシリーズが担う使命なのです。
【DISC1 CDアルバム】
1.ビロード色の午後
アーティスト:井上 忠夫
2.君は薔薇より美しい
アーティスト:GODIEGO, 布施 明
3.フレッシュ・レモネード
アーティスト:スーパー・パンプキン
4.東京“あーぱー"ジルバ
アーティスト:ホールド・アップ
5.気分を出してもう一度
アーティスト:小林 啓子
6.まちのうた
アーティスト:BUZZ
7.雑踏の中で
アーティスト:藤丸バンド
8.夏への扉
アーティスト:難波 弘之
9.夏の日の恋(SUMMER PLACE)
アーティスト:ミルキーウェイ
10.AIR POCKET
アーティスト:古谷野 とも子
11.愛は彼方
アーティスト:今井 優子
12.ロングバージョン
アーティスト:安部 恭弘
13.泣き顔のランデブー
アーティスト:南 佳孝
14.サラヴァ!
アーティスト:高橋 ユキヒロ
15.どうぞこのまま
アーティスト:丸山 圭子
16.ミスティ・トワイライト
アーティスト:麻倉 未稀
17.こぬか雨
アーティスト:清水 信之
18.サマー・シルエット
アーティスト:井田 リエ, 42nd Street
19.Sugar Dance
アーティスト:楠木 恭介