• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

ヒンデミット:交響曲「画家マティス」

●クラシック・ファンの信頼を集める名門ドイツ・シャルプラッテンをはじめ、
クラーヴェス、キング・インターナショナルの各レーベルから、名盤を厳選。
●国内初出LP・CDのジャケットデザイン&ライナーノーツ使用(一部除く)
●最新リマスタリング(192kHz 24bit高音質録音盤4点は除く)

発売日

2014/10/08

品番

KICC-3653

販売価格

定価¥1,000 + 税

ヒンデミット:
交響曲「画家マティス」
組曲「いとも気高き幻想」

ヘルベルト・ケーゲル指揮ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1980年3月24―26日、6月11−13日、ドレスデン・ルカ教会
原盤:ドイツ・シャルプラッテン
[解説:藤田吉之]

●交響曲「画家マティス」は、ヒンデミットの最も広く親しまれている作品。
1934年にフルトヴェングラーが初演したことでも有名です。20世紀音楽のよき理解者のひとりであるケーゲルは
明晰な解釈により、曲のもつ親しみやすい旋律性、和声や対位法といったものを鮮やかに再現しています。