• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

怒りの日

ロシアの名門、チャイコフスキー交響楽団(旧モスクワ放送響)とモスクワ放送合唱団による最新録音!
このパワフルな音楽を聴き通して、あなたの心はパワーアップ!
史上最悪のクラシック!?

西洋音楽に脈々と連なる、
死と破滅をテーマにしたクラシック音楽を網羅!
あなたは最後まで聴き通せるか!?

グレゴリアチャントからカール・オルフまで、
「怒りの日」を中心に、強烈な音楽がたたみかけるように迫りくる!
今こそ、聴いてほしい、ストレス解消!最強強烈クラシック音楽!


【DISC1 CDアルバム】
1.カルミナ・ブラーナ〜「おお、運命の女神よ」
2.レクイエム 作品5〜「怒りの日」
3.レクイエム K.626〜「怒りの日」
4.レクイエム 作品89〜「怒りの日」
5.パガニーニの主題による狂詩曲 作品43
6.死の舞踏S.126
7.交響詩「死の舞踏」作品40
8.幻想交響曲 作品14〜第5楽章「ワルプルギスの夜の夢」
9.続唱:怒りの日(第1旋法)―死者のためのミサより
録音:2019年1月13-14日、16日/モスクワ モスフィルム スタジオ1


アンドレイ・コロベイニコフ(ピアノ)
ミハイル・シェスタコフ(ヴァイオリン)

デニス・ロトエフ(指揮)
チャイコフスキー交響楽団(旧モスクワ放送交響楽団)
モスクワ放送合唱団
聖エフレム男声合唱団/指揮:タマーシュ・ブブノー*