• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

さらば箱舟<HDニューマスター版>

「新・死ぬまでにこれは観ろ!」         キング邦画80連発!

遂にここまできてしまった!!洋画から邦画へ―常識破りの≪ALL邦画80タイトル一挙発売≫!今年の「死ぬまでにこれは観ろ!」は、前人未到の領域に!! ★ATG、エロス、ゾンビ、アイドルから、日本映画を代表する傑作まで!60年代から2000年代までの半世紀にわたる名作、ヒット作、怪作、珍作、まさかの勢揃い!! ★「家族ゲーム」「青春の殺人者」「キサラギ」「さよなら渓谷」、そして「援助交際撲滅運動」「おいら女蛮」…。信じられないこの振れ幅!面白ければそれでいい!! ★果たして、死ぬまでにこんなにも観なければならないのだろうか…。★ジャケットはご要望にお応えしてリバーシブルに刷新しました。

生と死、時間と空間が錯綜する、 寺山修司の渾身の遺作。 キネマ旬報ベストテン第5位。

発売日

2016/08/03

品番

KIBF-4217

販売価格

¥1,900 + 税

1984年/日本映画

■収録時間:本編約127分+映像特典
■仕様:カラー 16:9LB(ビスタサイズ) 片面2層
■音声:オリジナル日本語(ドルビーデジタルMONO)

■映像特典:◆オリジナル予告編×2種 ◆オリジナルネガからHDテレシネマスター使用 


※古い作品のため修復困難なフィルム上の退色や傷、あるいは音声ノイズ等が発生する箇所がある場合がございます。
※作品のオリジナルティーを尊重し収録しているため、一部に不適切な表現がある場合がございます。

		
STORY
村の地主、時任家の息子・大作は少年の頃、本家の柱時計を除く村中の時計を海岸に埋めた。以来、村の時間は時任家の本家が所有することになり、成長した大作は時任家の当主となった。いとこ同士である分家の捨吉とスエは互いに愛し合う仲だったが、スエの父は娘に貞操帯をつけ、スエはこれを取り外そうと懸命になる。一方、捨吉は人々に不能だと罵られ、懊悩を募らせる…。寺山修司の作家性が原作をも凌駕し、完成から公開まで2年を要した曰くつきの一大叙事詩。これが寺山修司の遺作となった。
STAFF
●監督:寺山修司
●台本:寺山修司、岸田理生
●映像:鈴木達夫
●音楽:J・A・シーザー
●美術:池谷仙克
●編集:山地早智子
●企画:多賀祥介
●製作:砂岡不二夫、九条今日子、佐々木史朗
CAST
●小川真由美
●原田芳雄
●新高けい子
●高橋洋子
●石橋蓮司
●高橋ひとみ
●若松 武
●山崎努