• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

INSTRUMENT フガジ:インストゥルメント

ワシントンDC拠点、ポスト・ハードコアFUGAZI(フガジ)。
その1987年〜1997年までの10年間を、スーパー8mm、16mm、そしてビデオで記録した名作ドキュメンタリーが、初の日本語字幕付き、フルHDリマスターで史上初の国内盤DVD化!

発売日

2018/05/30 予約受付中

品番

KIBF-1577

販売価格

¥3,800 + 税

1999年/アメリカ/2018年3月17日公開(配給:キュリオスコープ)
原題:INSTRUMENT
●収録時間:本編約117分+映像特典約24分
●仕様:カラー(一部モノクロ) 16:9(スタンダード) 片面2層
●音声:@英語 ドルビーデジタル(2.0ch)
●字幕:日本語

■映像特典:
★短編"Little Flags"、"Glue Man":監督ジェム・コーエン、音楽FUGAZI
★FUGAZIライヴ:"Waiting Room"、 "Turnover"、 "Long Division".

■封入特典:オリジナル・ブックレット


※仕様等、内容は予定のため変更になる場合がございます。
※商品写真は見本のため変更になる場合がございます。
INTRODUCTION
USハードコア・パンクをMINOR THREATで開拓したイアン・マッケイ(vo、g)がポスト・ハードコアを実践すべく80年代後半に始めた、ワシントンDC拠点のFUGAZIの映像作品。インテリジェンスに富むバンドながら肉体的な表現が身上であることを示す1987〜1998年のライヴが中心で、その様々なシチュエーションにFUGAZIの意思が表れている。レコーディングのシーンも織り込み、メンバーのインタヴューからは我が道を行く率直なアティテュードが伝わってくる。“信者”のようなファンも多いが、それ以外の観客を映し出すところも波紋を投げかけるFUGAZIのパンク精神そのものだ。FUGAZIの音楽と同じくプリミティヴな撮影で生々しさが醸し出され、適度に挿入したモノクロ映像も彫りの深い仕上がりに一役買っている。発言部分だけでなく歌詞も日本語の字幕付だが、言葉に頼った説明的なドキュメンタリーとは一線を画し、詩情が滲む寡黙な名作である。なお今回の劇場公開は、DIY姿勢ゆえに音源管理等に厳しいディスコード・レコードが初めて日本にライセンスして実現したものであり、またフルHDリマスター化という点も特筆したい。 - 行川和彦(音楽評論家)

【FUGAZIとは】
86年、ワシントンの自主レーベルDischord Recordのオーナーの一人であるイアン・マッケイが中心となって結成。名前の由来は、"Fucked Up, Got Ambushed, Zipped In(≒混沌状態)"から。ベトナム帰還兵の証言を集めたマーク・ベーカー編『NAM 禁じられた戦場の記憶』(原書初版1981年)から取られたベトナム戦争時の隠語である。
STAFF
■監督:ジェム・コーエン
CAST
イアン・マッケイ
ジョー・ラリー
ブレンダン・キャンティー
ギー・ピチョット