• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

ねこあつめの家(ニャンダフル版)

日本初!超人気アプリが実写映画化!!!

発売日

2017/10/04

品番

KIBF-1549〜50

販売価格

¥4,700 + 税

2017年/日本/2017年4月8日公開

【本編ディスク】
収録時間:本編92分+映像特典7分
仕様:カラー 16:9LB(ビスタサイズ) 片面1層
音声:
@日本語(ドルビーデジタル5.1ch)
A日本語(ドルビーデジタル2.0ch)

映像特典:
おまけ映像:猫撮短編映画「ねこあつめの家のねこたち」収録

【特典ディスク】
収録時間:特典38分
仕様:カラー 16:9LB 片面1層
音声:@日本語(ドルビーデジタル2.0ch)

■封入特典:ねこあつめの家 ミニミニ写真集「そのに」

INTRODUCTION
庭先に集まってきたねこたちを、ただただ眺めて癒される。そんなスマートフォン向けゲームアプリ「ねこあつめ」。このまったりかわいく、かつネコ飼いにはたまらない「猫あるある」を盛り込んだ内容に、世界中でファンが急増。「CNN」でも特集されるほど愛されるアプリがまさかの実写映画化!
主人公の小説家・佐久本を演じるのは「電車男」から「とと姉ちゃん」まで幅広い役柄をこなす演技派・伊藤淳史。ヒロインの熱血編集者ミチルには、「THE OUTSIDER(原題)」にてハリウッドデビューを果たした忽那汐里。共演には、切れ者編集長・浅草を田口トモロヲ、酒飲みのペットショップ店主・寺内に木村多江、ゴシップ好きの不動産屋・猿渡を大久保佳代子が演じるなど、個性的な豪華キャストが集合!楽しく優しく映画を包みます!
スクリーンをもふもふに飾ってくれたのは、びっくりするほどたくさんのスター猫たち!メイン猫、ちゃはちさんを演じたのは、「うめほのり」のCMなどで大人気のシナモン。その他にも、多数のねこたちが自然然体でありながらも、時にびっくりの名演技を披露してくれています。アプリファンならずとも楽しめる、とっておきの猫映画が開幕!
STORY
若くして新人賞を受賞し、一躍人気作家となった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。現在は大スランプ中で、ヒマに任せてエゴサーチをしては、さらにドツボにハマる毎日。担当編集者のミチル(忽那汐里)は、そんな佐久本を励ますが、若さあふれる熱血アドバイスは、逆に佐久本には苦しいだけだった。ある夜、不思議な占い師から予言を受け、おかしな不動産屋(大久保佳代子)の勧めで、佐久本は、多古町という片田舎の古民家に逃げるように移り住むことを決める。しかし、場所は変われど暮らしは変わらず、生活は下降線をたどる一方。ミチルの先輩編集者、浅草(田口トモロヲ)には、見放されたようだ。そんなある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると、1匹の猫がふらりとやってくる。しばし見つめあう、佐久本と猫だが、ほどなくして、猫は庭から出て行ってしまう。猫にも見捨てられたと落ち込むが、どうしても猫が気になり、 ペットショップの店主・洋子(木村多江)からアドバイスを受けて庭作りを始める…。こうして、若き小説家の「ねこあつめ」の生活が始まった―。
STAFF
監督:蔵方政俊
企画・脚本:永森裕二
撮影:安田圭
録音:越川浩道
照明:石田健司
CAST
伊藤淳史、忽那汐里
田口トモロヲ、木村多江、大久保佳代子