• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

The NET 網に囚われた男

スパイでも英雄でもない。『嘆きのピエタ』『メビウス』『殺されたミンジュ』キム・ギドク監督最新作
ある事故により国境を越えた漁師の男に降りかかる理不尽な運命。世界三大映画祭を制し、頂点を極めたキム・ギドク監督が現代社会へ突きつけた渾身の作。

発売日

2017/09/06

品番

KIBF-1535

販売価格

¥3,800 + 税

2016年/韓国/2017年公開
英題:THE NET

収録時間:本編112分+映像特典
仕様:カラー 16:9LB(ビスタサイズ) 片面1層
音声:@韓国語(ドルビーデジタル/5.1chサラウンド)
字幕:日本語

映像特典:劇場予告編

INTRODUCTION
世界三大映画祭を制し、頂点を極めたキム・ギドク監督。あらゆるタブーを描いてきた韓国の巨匠が、南北の分断をテーマに挑んだ衝撃作。
キム・ギドクはいつも我々を驚かせてくれる。−VARIETY
グロテスクは影を潜め、現実的な視点で描かれた問題作。−THE HOLLYWOOD REPORTER

第73回ヴェネチア国際映画祭ネル ジャルディーノ部門出品作品
第41回トロント国際映画祭正式出品作品
第17回東京フィルメックス オープニング作品
2011年カンヌ(『アリラン』ある視点部門最優秀作品賞)、2004年ヴェネチア(『うつせみ』監督賞)、2004年ベルリン(『サマリア』監督賞)と、世界三大映画祭を制覇。『嘆きのピエタ』で、2012年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞(最高賞)に輝いた、韓国随一の鬼才キム・ギドク。『THE NET 網に囚われた男』は、これまで20本を超えるギドク映画を総括するとともに、さらなる高みに飛躍を遂げたギドクが、世界に向けて放った、社会派ヒューマン・ドラマの傑作である。主演は、アクション俳優としても評価の高い個性派リュ・スンボム。彼の監視役に就く若き捜査官には、イケメン次世代スター、イ・ウォングン。さらに、ギドク映画4作目となるキム・ヨンミンに、「メビウス」での一人二役が鮮烈だったイ・ウヌなど。鬼才キム・ギドクがバイオレンスを抑え、祖国への切実なる想いを託した本作はギドクワールドの新たな地平を切り開く、必見の作。

STORY
ある事故により国境を越えた漁師の男に降りかかる理不尽な運命。
北朝鮮の漁師ナム・チョルは、いつものように自分の舟で漁にでるが、網がエンジンに絡まり韓国側に流されてしまう。一日も早く妻子の元に戻ることだけが望みだった彼は、韓国警察からの過酷な拷問と亡命の強要に耐えるのだったが・・・。一人の男の運命を通し、国家と個人という枠を超えて、常に弱者が犠牲を強いられ切り捨てられる現代社会の矛盾と闇が見えてくる。
STAFF
監督・脚本・撮影・製作:キム・ギドク
(『嘆きのピエタ』『メビウス』『殺されたミンジュ』『悪い男』『サマリア』『うつせみ』『春夏秋冬そして春』)
CAST
リュ・スンボム(『ベルリンファイル』『容疑者X天才数学者のアリバイ』)
イ・ウォングン
キム・ヨンミン
チェ・グイファ
ソン・ミンソク