• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

海すずめ【通常版】

そこは今でもお殿様が存在する珍しい街。今日も島へ、街中へ本をお届します。
我ら自転車課へかせられた、時空を超えたミッション!それは私の夢へと交差する!
“宇和島伊達400年祭”を背景にまさに今しか誕生しえなかった歴史+青春スペクタルムービー!!

アーティスト名

海すずめ /映画(ビデオ)

発売日

2016/11/16

品番

KIBF-1437

販売価格

¥3,800 + 税

2015年/日本/2016年日本公開

収録時間:本編108分+映像特典4分
仕様:カラー 16:9LB(ビスタサイズ) 片面1層
音声:@日本語ドルビーデジタル(ステレオ)

映像特典:予告編
INTRODUCTION
本作の舞台は、今なおお殿様が存在する珍しい街、愛媛県宇和島市。歴史を大切にしている地元の壮大な「宇和島伊達400年祭」。
そこで必要な書物の行方をめぐり繰り広げられる歴史ロマン・爽やか青春ムービー。この地方独特に温かな人々の気質が作風の支柱となっている。宇和島市立図書館「自転車課」で働く赤松雀役に「進撃の巨人」「祖谷物語-おくのひと-」など着実に演技のステージを挙げてきている武田梨奈。その同僚で元ロードレーサーの岡崎賢一役を名古屋発大人気ユニットBOYS AND MENのメンバーでパティシエ経験を持つ小林豊。雀を厳しくも温かく見守る家族や仲間には、内藤剛志、岡田奈々、目黒祐樹、赤井秀和など豪華俳優陣が脇を固める。そしてキーマンとなるのは、初恋の人を戦争で失ったまま孤独に暮らすトメ役を吉行和子が演じる。オリジナル脚本を手掛けメガホンをとるのは「ライトノベルの楽しい書き方」、「瀬戸内海賊物語」、「ポプラの秋」の大森研一(愛媛県出身)。

植村花菜 書き下ろし!主題歌『ただいま。』
「トイレの神様」の植村花菜が映画の主題歌を提供するのは4年振り、実写映画では2005年以来となる。
本作の持つ温かなイメージと楽曲が持つノスタルジックな世界観がコラボする!!!
STORY
主人公の赤松雀(武田梨奈)は、市立図書館“自転車課”(自転車で図書を配達する)で働いている。彼女の夢は小説家だったが、いつしか書くことへのチャレンジをやめていた。一方、街では『宇和島伊達400年祭』を目前に控え、その準備に沸いていた。中でも祭りの目玉は、姫の復刻衣装の披露。しかしその元となる肝心な宇和島藩『刺繍図録』が図書館で紛失している事が発覚!同僚の岡崎とハナ、いまこそ彼ら自転車課が一丸となって解決へと漕ぎだす時!そんな中、自転車課の廃止案が浮上してピンチに拍車がかかる。はたして刺繍図録は見つかるのか?!図書館自転車課の存続は?!そして、がむしゃらに走り続けた雀は、新たな小説執筆へ歩み出すことができるのか!

STAFF
監督・脚本:大森研一
撮影:今井哲郎
録音:小牧将人
照明:安西栄一
美術:野村哲也
CAST
武田梨奈 小林豊
内藤剛志 岡田奈々 目黒祐樹
宮本真希 二階堂智/佐生雪 上野優華 佐藤永典 /野川由美子 /吉行和子