• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

フェイシング・アリ

ジョージ・フォアマン、ジョー・フレイジャーほか、アリと対戦した10人の猛者たちが、アリとの激闘、そしてアリその人を語り尽くす!
男たちの時を超えた友愛に、心が熱くなる。炎熱のボクシング・ドキュメンタリーにして感動のヒューマン・ドキュメンタリー!

発売日

2013/08/07

品番

KIBF-1192

販売価格

¥4,500 + 税

収録時間:本編101分+映像特典約30分
仕様:カラー(一部モノクロ) 16:9LB ビスタサイズ 片面2層
音声:@英語/ドルビーデジタル(5.1ch)
字幕:@日本語
映像特典:未公開ドキュメンタリー(@『ボクサーたちとの撮影後記』A『本から映画へ』B『過去の映像が蘇る』)、予告編集、登場人物(対戦相手)解説
封入特典:解説リーフレット 
INTRODUCTION
――アリは社会に多大な影響を与えた。今も社会にとって偉大な存在だ。
ボクシング界の神と称され、3度も世界ヘビー級王座を獲得するなど、名実ともにボクシング界の史上最強の男、モハメド・アリ。全盛期の貴重な証言や、ヘビー級の強靭な鋼の肉体がぶつかり合う試合の圧倒される映像はもちろん、彼とリングで対戦した10人のボクサーたちが、当時の記憶を振り返り、アリが自分の人生に大きな影響を与えてくれたことへの感謝の気持ちなどを語り尽くす。そしてクライマックスでは、対戦したボクサーたちから、現在パーキンソン病と闘い続けているアリへメッセージが贈られ、温かな親密感、そして感動に包まれていく。
モハメド・アリのドキュメンタリーや評伝は数多存在するが、今作はジャーナリストや観客の視点からではなく、実際に彼と戦ったボクサーからの視点で捉えることで、これまでメディアで喧伝されてきた挑発的な発言やセンセーショナルなパフォーマンスを繰り返す人物ではなく、あくまでひとりのボクサーとしての姿を浮き彫りにする。大きな悩みを抱え、現役時代を、そして引退後の人生を歩んでいる10人のボクサーたちの言葉には、それぞれのアイデンティティを再発見していく過程が刻まれているが、それぞれのストーリーが折り重なることで、世界を変えうると信じられたアリのインフルエンスの大きさをあらためて強烈に印象づける。
STAFF
監督:ピート・マコーマック
CAST
モハメド・アリ、ジョージ・フォアマン、ジョー・フレージャー、ラリー・ホームズ、レオン・スピンクス、ジョージ・シュバロ、
ケン・ノートン、ヘンリー・クーパー、ロン・ライル、アーニー・シェーバース、アーニー・テレル 他