• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

草刈民代 最後の“ジゼル"

草刈民代、クラシックバレエ最後の公演を、夫でもある映画監督・周防正行が見事に映像化!≪草刈民代、周防正行監督によるオーディオ・コメンタリー(音声解説)を収録!≫

発売日

2013/04/24

品番

KIBF-1179

販売価格

¥4,500 + 税

●収録時間:本編109分+映像特典
●仕様:カラー/MPEG-2 16:9LB 片面2層
●音声:@リニアPCM(ステレオ) Aドルビーデジタル(5.1ch) Bドルビーデジタル(ステレオ)草刈民代&周防正行監督によるオーディオ・コメンタリー


■映像特典:劇場公開初日舞台挨拶ダイジェスト
■音声特典:草刈民代、周防正行監督によるオーディオ・コメンタリー(音声解説)
■封入特典:解説ブックレット(フルカラー12p/内容…作品解説、出演者解説、スタッフ解説、用語解説 /執筆者:結城美穂子) 


「ジゼル」公式サイト 
http://www.giselle-dvd.com/
INTRODUCTION
万感の思いがこもった感動のカーテンコール、鳴り止まない喝采。日本を代表するプリマ・バレリーナで、現在では女優として活躍する草刈民代の、クラシックバレエ最後の全幕公演となった「ジゼル」。2009年1月、名門レニングラード国立バレエとの共演で行われたその舞台を夫であり映画監督の周防正行が映像化。バレリーナ草刈民代の繊細で優美な表現が、余すところなく捉えられている。
STAFF
監督:周防正行(「Shall We ダンス?」「それでもボクはやってない」「終の信託」)
作曲:アドルフ・アダン
台本:ジュール=アンリ・ヴェルノア・ド・サン=ジョルジュ、テオフィル・ゴーチェ、ジャン・コラーリ
振付:ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー、マリウス・プティパ
改訂演出:ニキータ・ドルグーシン
美術:ヴャチェスラフ・オクネフ
指揮:カレン・ドゥルガリヤン
管弦楽:レニングラード国立歌劇場管弦楽団
収録:2009年1月31日 神奈川県民ホール
製作:スオズ
CAST
草刈民代(「Shall We ダンス?」「終の信託」)
ミハイル・シヴァコフ
オクサーナ・シェスタコワ
ロマン・ベトゥホフ
レニングラード国立バレエ団